1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 保護犬
  5. 外の世界を知らず、2才頃まで繁殖犬として生きてきた柴犬と家族になって5年。嬉しい変化がたくさん見られるように!

犬が好き

UP DATE

外の世界を知らず、2才頃まで繁殖犬として生きてきた柴犬と家族になって5年。嬉しい変化がたくさん見られるように!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬と出会えたことで、より充実した生活を送れるようになったり、より幸せを感じるようになったという飼い主さんは多いでしょう。

笑顔が可愛い花ちゃん
@kuroshibaazuki

今回紹介するのは、Twitterユーザー・あず花コミカルコンビさん(@kuroshibaazuki)の愛犬・花ちゃん(♀・7才)。愛くるしい笑顔が魅力的な花ちゃんは、おもしろ可愛い姿で見ている人を楽しませてくれています。

マッサージを堪能する花ちゃん
@kuroshibaazuki

そんな花ちゃん、じつは「繁殖犬」だったという過去があるのだそうです。そこでいぬのきもちWEB MAGAZINEでは、花ちゃんとの出会いや今の暮らしなどについて、飼い主さんに2回に分けて(2020年7月/2021年11月に取材)お話を聞きました。

2才頃まで繁殖犬として生きてきた

家に来たばかりの頃の花ちゃん
家に来たばかりの頃の花ちゃん
@kuroshibaazuki

北海道のとあるブリーダーのもとで繁殖犬として生きてきた花ちゃん。2才頃のときに、保護活動をしているボランティアさんに保護されました。

そのボランティアさんは犬のシャンプーの送迎も行っていたようなのですが、現在の飼い主さんが先住犬・柴犬のあずきちゃん(♀・6才)と散歩をしているときに、偶然ボランティアさんの車の近くを通ったのだそう。

飼い主さんが実際にもらったチラシ
飼い主さんが実際にもらったチラシ。当時、花ちゃんは「ごっちちゃん」という名前だったそう
@kuroshibaazuki

すると、「もし、柴犬を飼いたい人がいたら教えてください」と声をかけられ、1枚のチラシをもらったのでした。

「このコを見に行きたい」

花ちゃんと、先住犬のあずきちゃん
家に来たばかりの頃の花ちゃん(写真右)。先住犬のあずきちゃん(写真左)とのツーショット
@kuroshibaazuki

以前から「保護犬」に興味があった飼い主さんは、チラシを見て「このコを見に行きたい」とご主人にお願いをしたそうです。そのコが花ちゃんでした。


飼い主さん:
「私は最初から連れてくる気満々でしたが、すでに先住犬・あずきがいたこともあり、旦那は最初、乗り気ではなかったんです。でも、1週間後くらいに花がいるペットホテルに会いに行って、あれよあれよという間にトライアルが始まりました!」


無事にトライアル期間を経て、花ちゃんは飼い主さんご家族のもとで暮らすことが決まったのでした。

臆病だった花ちゃんに、少しずつ変化が

くつろぐ花ちゃん
@kuroshibaazuki

とっても温厚な性格だという花ちゃんですが、最初は外に出るだけでしっぽを下げてしまったそう。その場から一歩も歩けずに、車の音、人の声、すべてに怯えていたといいます。もしかしたら花ちゃんは、繁殖犬時代に散歩をしたことがなかったのかもしれません。

でも、飼い主さんの家で過ごしていくうちに、花ちゃんに徐々に変化が見られたようです。

お散歩を楽しむ花ちゃん
@kuroshibaazuki

飼い主さん:
「毎日少しずつ、声をかけながら近所を歩き、2週間くらいでやっと公園まで歩けるようになりました! 今では散歩が大大大好きで、ハーネスをつけただけでしっぽをぶんぶん振って喜びます!

笑顔が増えた花ちゃん 愛嬌たっぷり天然キャラが炸裂!

「花ダンス」を踊る花ちゃん
花ダンス♪
@kuroshibaazuki

ほかにも、花ちゃんにこんな変化が見られたのだそう。


飼い主さん:
「笑顔がほんとに多くなりました。表情も全然違います! 愛くるしい笑顔と『花ダンス』といって、クルクル回ったり愛嬌たっぷりで天然なところが魅力的ですね」

「花ダンス」を踊る花ちゃんと、見つめるあずきちゃん
@kuroshibaazuki

飼い主さんのTwitterではこの花ダンスが度々投稿されていて、見ている人を楽しませてくれています♪

先住犬・あずきちゃんとも仲良し!

仲良しな花ちゃん、あずきちゃん
@kuroshibaazuki

先住犬・あずきちゃんと一緒に暮らしている花ちゃん。あずきちゃんとくっついて寝ることはないようですが、一緒にくるくる回ったりして、花ちゃんはいつも楽しそうにしているのだとか。

「マテ」をする花ちゃん、あずきちゃん
@kuroshibaazuki

飼い主さん:
「あずきとはつかず離れずで仲良いと思います。喧嘩も1回、花のごはんをあずきが食べてしまったときに、めずらしく花が怒ってあずきの耳を軽くかじったことがありました。でもケンカはそれくらいです。ふたりの相性が良かったようで安心しました」


程よい距離感で過ごしている花ちゃんとあずきちゃん、ふたりはよき相棒となったようですね!

寝顔を見ているときが一番愛おしい

仲良しな花ちゃん、あずきちゃん
@kuroshibaazuki

花ちゃん・あずきちゃんとの暮らしのなかで、飼い主さんは日々いろんな場面で楽しさや幸せを感じているようです。


飼い主さん:
「やっぱり、寝顔を見てるときが一番愛おしいですね。花は基本ひとりが好きなんですが、マッサージしてほしいときは私の近くにきますし、ベッドにも乗ってチョイチョイとしてくるのが可愛くて仕方ありません」

お散歩を楽しむ花ちゃん、あずきちゃん
@kuroshibaazuki

飼い主さん:
「みんなで散歩に行ってるときに、走り回ってるふたりの姿を見るのも楽しいです! 私たちも自然と笑顔になりますね」

【花ちゃんのその後に迫る】前回の取材後、どのような日常を送っているのかを聞いた

笑顔が可愛い花ちゃん
@kuroshibaazuki

2021年10月22日で、花ちゃんと飼い主さんが家族になり5年が経過しました。改めて飼い主さんにお話を伺うと、花ちゃんとの出会いに感謝しているといいます。

——前回の取材以降、花ちゃんに何か変化などはありましたか?

飼い主さん:
「私の両親や姉家族に会ったときに花は震えてしまうことがありましたが、だんだんと慣れてきたのか、ここ1、2年はもう震えなくなりました。私の母に至っては、同じ部屋で過ごすことができるようになりました!」

——花ちゃんにとってもご家族にとっても、嬉しい変化ですね!

飼い主さん:
「散歩中も、声をかけてくれる人などに寄っていってニオイを嗅げるようになりましたし、オヤツをもらってその場で食べることもできるようになりました。人を好きになり、信用してくれているように感じて、とても嬉しいです」

マッサージを堪能する花ちゃん、あずきちゃん
マッサージにうっとり♪
@kuroshibaazuki

——改めてになりますが、花ちゃんと過ごす日々をどのように感じていますか?

飼い主さん:
「家族に迎えた頃は、先住犬のあずきとストレスなく過ごせるか不安でしたが、お互いマイペースなので干渉せず、ソーシャルディスタンスを保って過ごしています。ときには友達であり、相棒であり、よき遊び相手でもあり、とてもいい関係が築けていると思います」

くつろぐ花ちゃん
@kuroshibaazuki

飼い主さん:
「また、Twitterで花を見た人から『クマさんみたいで可愛い』と言ってもらえることも多く、SNSでのみなさんの反応が夫婦の話の中心になってたりします。『こんな花がバズった!』『こんなコメントがきた!』など…海外の人にも人気なようで大変嬉しく思います!

改めて、花との出会いに感謝の気持ちでいっぱいです」

オヤツを待つ花ちゃん、あずきちゃん
@kuroshibaazuki

かつては繁殖犬として外の世界を知らなかった花ちゃん。飼い主さんご家族のもとでいろんな経験をしながら、花ちゃんはのびのびと幸せに暮らしています。

素敵な日常の様子は、ぜひTwitterでもご覧ください。

写真提供・取材協力/@kuroshibaazukiさん
取材・文/雨宮カイ

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る