1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 犬と日本へのオマージュにあふれた映画『犬ヶ島』、5/25全国ロードショー

犬と日本へのオマージュにあふれた映画『犬ヶ島』、5/25全国ロードショー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬と人とのつながりを改めて感じさせるてくれる映画。それがウェス・アンダーソン監督の新作『犬ヶ島』です。黒澤明や宮崎駿の映画、広重や北斎の浮世絵など日本へのオマージュが隅々にまで込められたストップモーション・アニメの世界は、とてもチャーミングで心温まるものです。

舞台は近未来の日本。「犬インフルエンザ」が大流行するメガ崎市では、人間への感染を防ぐために小林市長がすべての犬を「犬ヶ島」に追放してしまいます。そんな鬼ヶ島に小型飛行機で降り立ったのが、小林市長の養子で孤児のアタリ少年。愛犬で親友だったスポッツを救うためにやって来たのです。島で出会った5頭の犬たちを新たな相棒にスポッツを探すうちに、やがてメガ崎市の陰謀が明るみにされていきます――。

まず、タイトルで思い出すのは、桃太郎の「鬼が島」です。桃太郎といえば「きびだんご」。この「ごほうび」がなければ、犬も猿もキジも桃太郎についてこなかったでしょう。「ごほうび」というと、げんきんなようですが、人と犬が絆を強める最大のツールは「ごほうび」。犬のしつけにも「ごほうび」は必須ということで、ことほどさように「ごほうび」は大切なのです。

「犬ヶ島」は、いわばこの「ごほうび」のない、過酷な場所です。人間から見捨てられた怒りと悲しみ、そして空腹をかかえた犬たち。それでも犬たちは、「かつては飼い主にとてもかわいがられた」「高校野球のチームのマスコットをやっていた」「オーディションに勝ち抜いてドッグフードのCMに出ていた」など愛情に満ちた過去を語り合ったりします。なんともいじらしいです。アタリ少年が、そんな犬たちと友情をはぐくむきっかけとなるのは、おやつを与えること、シャンプーをして体をきれいにすること、しっかり抱きしめることだったりします。そう、スキンシップも犬にとってはうれしい「ごほうび」なのです。

単に犬を擬人化するだけでなく、犬の生態をきっちり踏まえてキャラクター造形や物語設定をしているところがこの映画の特長で、観る者の犬愛をくすぐってくれます。

鬼ヶ島の犬が、アタリ少年を新たな「飼い主さん」として迎え入れようと決意するシーンなどは、黒澤明監督の『七人の侍』で、農民のために立ち上がる武士たちの姿を彷彿とさせます。そういえばメガ崎市の小林市長の顔は、もろ三船敏郎でした。声優としても、渡辺謙、夏木マリ、村上虹郎、オノ・ヨーコ(!)などが出演しています。

このように、ウェス・アンダーソン監督は、舞台となる国や都市の文化や意匠に徹底的にこだわる、凝りに凝った画面作りをします。少年と犬との冒険活劇の中に散りばめられた、犬と日本への愛。みなさんも、その愛をぜひスクリーンに探しにいってください。


『犬ヶ島』
http://www.foxmovies-jp.com/inugashima/
5月25日(金)全国ロードショー
配給:20世紀FOX映画
©2018 Twentieth Century Fox Film Corporation


文/犬神マツコ

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る