1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 震災時にペットと飼い主さんを受け入れた「竜之介動物病院」 vol.1

震災時にペットと飼い主さんを受け入れた「竜之介動物病院」 vol.1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
<span style="font-size:smaller;">撮影/尾﨑たまき</span>
撮影/尾﨑たまき

2016年4月14、16日と熊本・大分などを襲った大地震。ペットと避難できる場所が限られるなか、いち早く同伴避難先として施設を開放した竜之介病院を紹介します。

出典/『いぬのきもち』2016年12月号
取材・撮影・文/尾﨑たまき

※保護犬、飼い主さんの情報は2016年8月22日現在の情報です

愛犬といっしょに避難できる。 受け入れ先があることのありがたさ

震度7の巨大地震に2度も見舞われた熊本県。
そんな事態など夢にも思っていなかった住民たちは一様に「まさか熊本でこんな地震があるなんて……」と言葉を詰まらせました。
熊本市内に住む吉田里香さんは、スタンダード・プードルのスパイダーくんとともに暮らしています。
1回目の地震に見舞われたのは、仕事から帰宅し、留守番をしていたスパイダーくんと顔を合わせた直後のこと。
部屋じゅうにガラスが飛び散るなか、吉田さんはスパイダーくんに急いで靴を履かせました。

<span style="font-size:smaller;">撮影/尾﨑たまき</span>
撮影/尾﨑たまき

散歩時は靴を履く習慣があったスパイダーくん。地震のときも靴で避難

スパイダーくんを連れて外に飛び出すと、あたりは停電して真っ暗闇。
住民たちは少ない明りを求めて不安げな面持ちで夜道をさまよっていました。
そんなとき「竜之介動物病院がペットといっしょに避難できるらしい」と近所の方が教えてくれ、すぐさま吉田さんもスパイダーくんと竜之介動物病院へ。
1階のリハビリ室に行くと、そこには同じ境遇の飼い主さんたちが大勢避難してきていました。

<span style="font-size:smaller;">撮影/尾﨑たまき</span>
撮影/尾﨑たまき

スパイダーくんが、吉田さんと竜之介動物病院に避難していたときの様子

「不安な一夜でしたが、皆さんと会話をしていると心強く、怖さも半減しました。職員の方も避難している犬や私たちのために、飲食物を用意してくれたりと働き通しでした。スパイダーと竜之介動物病院に避難できて本当にありがたかったです」と話す吉田さんのそばで、職員にすり寄って甘えるスパイダーくん。
その様子は、避難時の職員さんたちの献身を物語っているかのようでした。

<span style="font-size:smaller;">撮影/尾﨑たまき</span>
撮影/尾﨑たまき

避難時にかわいがってくれた職員さんに甘えるスパイダーくん

「竜之介動物病院」の取り組み vol.2の記事はこちら

犬が好き

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る