1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 子犬はいつまで母犬と一緒にいるべき?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.11

犬が好き

UP DATE

子犬はいつまで母犬と一緒にいるべき?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.11

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、日本の「8週齢規制」の現状について。ヨーロッパでは理想的な8週齢規制が行われていますが、日本はちょっと違うんだそう。それはなぜか、先生がズバッと斬り込みます!(編集部)

離乳期が終わる前に母犬と引き離すと、噛みつき抑制が学べない、他犬とのコミュニケーションが苦手になる、不安傾向が強く、ストレスに弱くなってしまう。ゆえに、「生後8週齢以前に母犬から引き離すことを禁じる」。
これが、ヨーロッパの国々で取り入れられている、「本来の8週齢規制」の意味です。
一方、「日本の8週齢規制」は、「生後8週齢以前の売買を禁じる」というもの。なぜ日本では「本来の8週齢規制」が行えないのでしょうか。

いつ生まれたか、いつまで母犬といたか

ヨーロッパでは犬を入手する際、ブリーダーの元に出向く。4週齢以降の離乳期の子犬を見せてもらい、離乳期が終わった8週齢で引き取る。
これがもっとも好ましい子犬の入手方法といわれています。
例えばこの入手方法であれば、購入希望者は2回、子犬たちが母犬といるところをその目で確認できることになります。
飼育環境が適切なものかも確認できます。

また、ヨーロッパにおけるブリーディングは、その昔貴族の嗜みの一とされていた関係で、血統というものを重んじます。すなわちブリーダーの元で子犬を入手するということは、純血種の子犬を入手するということになり、生年月日も確かめられることとなります。

↑8週齢まで母親といたパートナー犬、Dap。不安傾向は見られず、他犬とのコミュニケーションも上手
↑8週齢まで母親といたパートナー犬、Dap。不安傾向は見られず、他犬とのコミュニケーションも上手

いつまで母犬といたかが確認できない日本

一方、日本の子犬の入手先は大多数が、ペットショップとなります。
生後8週齢まで母犬といたかどうかを、購入希望者はその目で確認することはできません。
「生後8週齢以前の売買を禁じる」ことが、生後8週齢まで母犬といたことを担保するわけでもありません。
個人事業的に生業として繁殖を行う場合は、毎月のように子犬を産ませる必要があります。
お産の少し前からしばらくは万が一のことが起きないように、母子をリビングなどで手厚く面倒を見る必要もあります。ただし、離乳が始まるとまもなく、母犬はメス犬たちが普段飼育されている犬舎(あるいは別の部屋のケージ)に戻されてしまいます。
「離乳が始まるとまもなく母犬は犬舎に戻す」。おそらく、生後8週齢以前の売買を禁じられても、これまで行っていたこのスタイルは、変えないでしょう。なぜなら、そのこと自体は何ら規制されるわけではありませんし、そのやり方が経験上効率よく売上を上げる方法だからです。

↑推定30日齢で保護された、初代パートナー犬、Pooh。ストレスに弱く、他犬とのコミュニケーションは苦手だった
↑推定30日齢で保護された、初代パートナー犬、Pooh。ストレスに弱く、他犬とのコミュニケーションは苦手だった

とはいえ今回の法改正はさらなる大きな前進

日本の場合、「いつ生まれたか」の方も、問題があります。
日本では近年、チワワとプードルのミックスといったミックス犬が人気ですが、彼らには血統書が存在しません。
そうなのですね、ミックス犬においては、生まれた日は自己申告。それが正しいかどうかを確認するすべもないのです。
なんか、「日本の8週齢規制」に水をさすようなことをあげつらってきた印象を持つかもしれませんが、「生後8週齢以前の売買を禁じる」今回の法改正は、私としては大きな拍手をもって大歓迎しています。
苦節15年。現行の改正動物愛護法の元が生まれたのは2005年です。
当時は40日齢の離乳が終わっていない子犬たちが、なんのお咎めもなく売られていたのですからね。

文/西川文二
写真/Can ! Do ! Pet dog School提供

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can ! Do ! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『イヌのホンネ』(小学館新書)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!柴犬ぐらし』(西東社)など。愛犬はダップくん(14才)、鉄三郎くん(10才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る