1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 犬は飼い主に忠実だと思う?飼い主さんによくある矛盾|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.27

犬が好き

UP DATE

犬は飼い主に忠実だと思う?飼い主さんによくある矛盾|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.27

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、多くの飼い主さんがしている思い込みについて。「犬は飼い主に忠実」とよくいわれますが、実際にそうだと感じていますか? もしそう思っているなら今回のコラムは必見! 西川先生が、そこに潜む矛盾を解き明かします(編集部)


人間もそうですが、自分のことを先入観や偏見に基づいて一方的な決めつけをする相手と、心を通わせることはできません。
犬との関係もそう。先入観や偏見を捨て、一方的な決めつけをしないことが、なにより大切です。
先入観や偏見は、過去に広まった犬に対する常識、思い込みに基づくものがほとんどです。過去の常識や「そう言われていること」は、一度疑ってみる。
「あぁ、事実と違う思い込みにとらわれている飼い主が、まだまだこんなにもいるんだ」……そう実感させられました今回は。
え? 「何に」かって?
それはですね、いぬのきもちアプリで行われた飼い主さんたちによるアンケートの結果にです。

調査結果「犬は飼い主に忠実だと思う」76%

「飼い主に忠実とされる柴犬が、飼い主のことを本気で噛む比率が高い」というお話を、当コラムですでにしています。
この刷り込みは、柴犬だけではなかったのですね。
なんと、犬は飼い主に忠実だ、と76%が思っている。
忠実であれば、飼い主が噛まないことを望んでいれば、噛まないはずです。
飼い主が吠えないことを望んでいれば、吠えないことになります。
飼い主の言うことには、すぐに従うはずです。
引っ張らずにそばを歩くことを望めば、そうするはずです。
忠実であれば、家庭犬としての最低限のしつけの指標「JAHA家庭犬マナーチャレンジ」に記されている16項目も、76%の犬とその飼い主は簡単にクリアできるはずです。
もちろん事実は違います。
次の数字から、その事実は見て取れます。

家庭犬としての最低限のしつけができているかの指標「JAHA家庭犬マナーチャレンジ」

「犬のしつけに自信がある人」は19%

飼い主に忠実であれば、吠えない、噛まない、引っ張らない、「JAHA家庭犬マナーチャレンジ」に記されている16項目も簡単にクリアできる。
飼い主が望むことに忠実であれば、しつけに自信がある人の比率は76%になるはずです。
でもアンケートでは、しつけに自信がある人の比率は19%。
81%の飼い主さんはしつけに自信がありません。
すなわち、忠実だという76%という数字が真実ではない。そう考えるのが自然ということです。
そうそう、しつけができていないことを、言うことを聞かないからとする飼い主も少なくありません。
「言うことを聞く・聞かない」は、そもそも、言葉がわかるのかというところに行き着きます。
人間の言葉の理解、これに対する間違った思い込みも、今回のアンケートの数字からは見て取れます。

犬にわかりやすい方法とは、学習の心理学に基づく科学的な方法論にのっとって教えるということ

「犬は人の会話がわかると思う」92%

人間の子どもたちの場合、単語の組み合わせの理解は2歳で2単語。会話を十分理解できる言語能力を身につけるのは3歳前後からだといわれています。
それと照らし合わせて、犬の人間の言葉に対する理解能力は、かなりのトレーニングを積んだとしても人間でいう2歳程度だと考えられています。人間の会話を理解する能力は、残念ながら持ち合わせていないのです。
会話が理解できるのならオスワリとかフセなどの、犬に人間が発する簡単な単語は、いともたやすく犬は理解できるはず。
であれば92%の飼い主さんは、しつけなど難なくできているはず。でも事実は違うわけです。
忠実だとか言葉がわかるとかの事実とは異なる思い込みは、もう捨てましょう。
先入観なく、仲よく暮らすために必要なさまざまなことを、犬にわかりやすい方法で丁寧に教える。それが飼い主家族、犬、社会それぞれの幸せのために必要なことです。
ちなみにこれ、私は20年以上訴え続けているわけですがね。
いやはや私の力不足ということでしょうね。
ちょっとトホホな気分にもさせられた、今回のアンケート結果でした。

参考/いぬのきもちアンケート 360度いぬのコト全調査 飼い主さん2,992名の回答

文/西川文二
写真/Can ! Do ! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can ! Do ! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『イヌのホンネ』(小学館新書)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!柴犬ぐらし』(西東社)など。愛犬はダップくん(14才)、鉄三郎くん(10才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る