1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 犬のしつけに本当に詳しい人は「〇〇」を知っている|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.34

犬が好き

UP DATE

犬のしつけに本当に詳しい人は「〇〇」を知っている|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.34

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、犬に体罰めいたしつけを行うことに対して、国がどのような基準を示しているか、とうお話。前回(vol.33)で、犬に詳しい人が、犬のしつけに関して本当に正しい知識を持っているかを確かめる魔法のワードがあるとお伝えしました。そのワードも出てきますよ(編集部)


2000年に入って、日本でもさかんになった学問の分野に、獣医動物行動学があります。
2013年から認定医制度を設けた日本獣医動物行動研究会のサイト(http://vbm.jp/)にアクセスすると、<犬猫を中心とした伴侶動物の問題行動を治療する「行動診療」を発展させる、問題行動の治療に関しての啓発活動を行うことを目的に発足した>、といった趣旨のことが記されています。
前回触れた、仰向けに抑えつけるなどの体罰。
この体罰に関しての、犬や猫の問題行動の診断/治療の専門家たちの考え方も、同サイトで確認できます。

体罰に対する声明

研究会からのお知らせとして「体罰に関する声明文発表について」があります(http://vbm.jp/seimei/85/)。
そこには、<日本獣医動物行動研究会は、飼い主、トレーナー、獣医師など動物にかかわる人が、家庭動物のしつけや行動修正のために「体罰」を用いること、またこれを推奨する行為に反対します>
とはっきりと記されています。
さらに<体罰に依ることなく科学的な根拠に基づき・・・>
ということも記されています。
加えて、そこには7つの資料が紹介されています。
声明文、資料ともども、くわしくはサイトにてご確認いただければと思うのですが、ぜひともこの場で紹介したい内容があるので、以下それらを。

資料5、6には以下のことが

資料5のタイトルは、「飼育動物の問題行動でお困りの飼い主さんには次のことを推奨します」、です。
中に、こう記されています。「問題行動に対して、叩く、マズルを強くつかむ、仰向けにひっくり返して抑えつける、首をもって振るなどの体罰を行っている場合は、すぐにこれを中止します」と。
資料6のタイトルは「家庭動物の問題行動について相談された獣医師には次のことを推奨します」。
そこには、「一定の基準を満たしていると考えられるトレーナーとしては、動物行動学や行動分析学を大学などで学んだトレーナー、日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター、CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer –Knowledge Assessed)の有資格者などが挙げられます」と書かれています。

お近くの公益社団法人日本動物病院協会(=JAHA)認定家庭犬しつけインストラクターは、JAHAのサイト(https://www.jaha.or.jp/owners/dog-class/)で探せます

前回触れた魔法の言葉とは

そうそう、そろそろ「その人のアドバイスに耳を傾けるべきか否か。それを確かめる魔法のワード」に触れないといけませんね、前回の約束ですから。
それは、「消去バースト」。
「動物行動学や行動分析学を大学などで学んだ」かどうかがわかる、というか少なくともそのワードを知らなければ、動物行動学や行動分析学を学んだことがないとわかるワードです。
すでに当コラムで紹介しているように、動物は結果的にいいことが起きた行動を習慣化していく。いいことが起きることで習慣化した行動は、いいことが起きなければやがてとらなくなっていく。
このいいことが起きていた行動に対して、いいことを起こさないようにして行動の頻度を減らしてくプロセスを、「消去」といます。
しかしこの消去、行動が減っていく過程において一時的に行動が増えてしまう場合があることがわかっていて、一時的に行動がひどくなるこの現象を、「消去バースト」と呼ぶのです。
すなわち、アドバイスを乞う人に対して(聞いてもいないのにアドバイスしてくる人対しても同様)、「消去バーストって何ですか?」って、聞けばよろしい。よく知らないようであれば、その人の話には「耳を傾ける必要なし!」ということになるわけです。

例えば、要求吠えに対して、無視をするという対応をすると、一時的に吠えがひどくなり、その後吠えが減っていく。この一時的な吠えが「消去バースト」

文/西川文二
写真/Can ! Do ! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can ! Do ! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『イヌのホンネ』(小学館新書)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!柴犬ぐらし』(西東社)など。愛犬はダップくん(14才)、鉄三郎くん(10才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る