1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 犬におやつを与えると、しつけがうまくいかなくなる!?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.35

犬が好き

UP DATE

犬におやつを与えると、しつけがうまくいかなくなる!?|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.35

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
今回は、犬のおやつに関するお話。おやつを与えていると、しつけのトレーニングがうまくいかなくなることがあるようです。そんなとき、どうすればいいのでしょうか?(編集部)


ごほうびはドライフードで十分、おやつは必要ありません。
私はスクールでそう指導しています。もちろん、スクールの立ち上げ時は、おやつを多用していました。
今では当たり前のように報酬を与えるトレーニング手法。これは1990年代にコンパニオン・ドッグのためのトレーニングといっしょに、海外から輸入された手法です。
当時はおやつを「モチベーター」と称していました。トレーニングはモチベーター選びがまず大切。
アメリカ人のテリー先生からはそう教わったのですが、今ではおやつは必要ないと私は指導している。
なぜなのか。その理由を今回は説明いたしましょう。

トレーニングをすればするほど、おやつをあげることに

報酬としておやつを与えるということは、トレーニングの機会を増やせば増やすほど、おやつをたくさん与えることになります。
実は、テリー先生からはおやつは1日に必要な摂取カロリー計算で10%以内に。もし、おやつを10%与えるのなら、主食のドライフードの量を10%減らすように、指導されました。
しかし、おやつのカロリーなどそうは計算しないもの。たとえ計算したとしても、日本の犬たちの場合、それではたいしたトレーニングができない。
飼っている犬のサイズが違うのです。
プードルと聞いて、日本人がイメージするのは、2〜3kg程度のサイズでしょう。しかしアメリカ人がイメージするのは、25kg前後のプードルです。
1回の報酬のおやつの量は、大型犬でも小型犬でもそう違いはありません。
10回ほめたときの報酬としてのおやつの量は、小型犬も大型犬もそうはかわらないということです。
主食の10%はアメリカの犬のトレーニングには十分な量でも、小型犬が主の日本の犬たちには、とても足りない。
結果、おやつを与えすぎることになるのです。

大きな犬も小さな犬も、1回当たりのごほうびの大きさは大差なし。例えばトレーニングを通じて1日数十回ごほうびを与える。大きな犬にとっては1日に必要な摂取カロリーの10%以内に抑えられても、小さな犬は10%を超えてしまう

ドライフードをどんどん食べなくなる

おやつを与えすぎれば、主食のドライフードを食べなくなる。
飼い主は、おいしいものをトッピングするなどして、どうにかしてドライフードを食べさせようとする。
すると、目の前に出されたドライフードを口にしないと、もっとおいしいものが出てくることを知り、犬はどんどんドライフードを口にしなくなる。
そればかりか、目の前に出されたおやつも口にしなければ、これまた飼い主はもっとおいしいおやつを探してくる。飼い主は、次々とおいしそうなおやつを探すはめに。
プロとしてクラスを始めると、クラスに参加する何割かの小型犬たちが、その悪循環に陥っていったのです。

多くのおやつ類は、100g当たりのカロリーはドライフードと同じ。写真のジャーキーは100g当たり360kcalもある

おやつをやめるとドライフードを口にするように

「おやつは一切あげないように」というのは最初は、おやつを選り好みしてトレーニングが思い通りに進められない飼い主へのアドバイスでした。
単におやつをあげないというだけではなく、「ドライフードはすべて、トレーニングを通じて」ということも、徹してもらいました。
これはイコール、犬は「トレーニングをしないと一切のフードが口にできなくなる」ということを意味します。
するとどうでしょう、先の悪循環に陥っていた犬が、普通のドライフードで意欲的にトレーニングをするようになっていったのです。
考えてみれば、「おやつは一切あげないように」、「主食のドライフードはすべて、トレーニングを通じて」ということを、トレーニングのスタート時から行えば、おやつを選り好みして思い通りのトレーニングができなくなるといったことも起きない。
ということで、2003〜2004年頃から「おやつは一切あげない」よう指導するようになったのです。
実際、現在のパートナードッグ、ダップと鉄三郎もそのように育てました。
ダップは15才、鉄三郎は11才。
両者とも、いまだに報酬のドライフードに、目を輝かせてくれますよ。

退屈しのぎなど必要なときに適宜与える、犬用のガムやアキレス、コングに仕込むチーズやクッキー。カロリーはドライフードと同程度。こうしたものも含めて、おやつ類は1日に必要な摂取カロリーの10%以内にする必要が

文/西川文二
写真/Can ! Do ! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can ! Do ! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『イヌのホンネ』(小学館新書)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!柴犬ぐらし』(西東社)など。愛犬はダップくん(14才)、鉄三郎くん(10才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る