1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 健康・病気
  4. いぬのきもち相談室
  5. 「犬がおしりを振って歩くとき」に考えられること 病気が関係していることも!?

犬が好き

UP DATE

「犬がおしりを振って歩くとき」に考えられること 病気が関係していることも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬がおしりをフリフリしながら歩くことがありますが、その姿からどのようなことが読み取れるのでしょうか? 

この記事では、犬がおしりを振って歩くときに考えられることについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。おしりを左右に振るしぐさは病気が原因の可能性もあり、注意が必要なこともあるのだとか。

犬がおしりを振って歩くときの心理

歩くトイ・プードル
getty

——犬がおしりを振るようにして歩くとき、どのような心理だと考えられますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「おしりを振って歩くときには、しっぽをあげて嬉しい気持ちでしょう。遊びに誘っているときも、しっぽやおしりを振るかもしれません」

——嬉しいなどのポジティブな感情のときに、おしりを振って歩くのですね。

獣医師:
「ただし、このときの表情が嬉しそうでなく、耳を立てて唸っているようなときには、警戒でおしりを振っていることもあります」

犬がおしりを振って歩く…病気が原因のことも

歩く犬
getty

——犬がおしりを振って歩くとき、病気が関係していることもあるのでしょうか?

獣医師:
「その可能性もあるかもしれません。たとえば、股関節形成不全のときには、左右のおしりを振って歩く特徴的な歩き方をします。これは大型犬に多い疾患のため、嬉しくておしりを振るよりも、より大きく左右に振っているように見えるかもしれません」

——股関節形成不全の場合、おしりを左右に振る以外に症状は見られますか?

獣医師:
「おしりを振って歩く以外にも…

  • 横すわりをする
  • 歩き方が左右対称でなくかばうような歩き方をする
  • 散歩に行きたがらない
  • 階段を嫌がる
  • 足を触ると嫌がる

などの症状が見られます」

——股関節形成不全になりやすい犬の特徴について教えてください。

獣医師:
ゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、バーニーズ・マウンテン・ドッグ、シェパードなどの大型犬、超大型犬に多く見られます。

飼い主さんは普段から、後ろから愛犬の歩く姿を確認する癖をつけて、少しでも違和感があればかかりつけの先生に診てもらいましょう」

——股関節形成不全は予防できるのでしょうか?

獣医師:
「股関節形成不全は遺伝する疾患のため、愛犬の両親に病気がないか確認することが大切です。予防のためには、愛犬を太らせないように気をつけてください。普段から運動をさせて、必要な筋肉をしっかりつけましょう」

歩く犬
getty

犬がおしりを振って歩く姿からは、嬉しい感情や、遊びに誘っているといった気持ちを読み取ることができますが、股関節形成不全が原因でおしりを左右に振ることもあるようです。もし違和感があるようであれば早めに動物病院を受診しましょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください
取材・文/Honoka

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る