1. トップ
  2. 獣医師が答えるQ&A
  3. 健康管理
  4. 狂犬病予防注射の接種時期や年齢などは決まっているのでしょうか。

Q&A飼い方

UP DATE

狂犬病予防注射の接種時期や年齢などは決まっているのでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

狂犬病予防注射の接種時期や年齢などは決まっているのでしょうか。

犬の所有者は、犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市町村に登録の申請をし、鑑札の交付を受けなければならないと定められています。狂犬病予防注射についても、室内犬を含む生後91日以上の犬を所有する者は、毎年1回、4月から6月までに狂犬病予防注射を受け、注射済票の交付を受けなければならないと定められています。畜犬登録がされていれば、毎年市町村から狂犬病予防注射のはがきが届くので、4月から6月の間に予防接種を受け、証明書を獣医師から受け取って注射済票の交付を受けなければなりません。

柴|♀|0歳4カ月

監修/いぬのきもち相談室 担当獣医師

CATEGORY   Q&A飼い方

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「健康管理」の新着記事

新着記事をもっと見る