1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. グッズ
  4. ベッド
  5. 意外と知らない!? 愛犬にちょうどいいおやすみグッズの選び方

犬と暮らす

UP DATE

意外と知らない!? 愛犬にちょうどいいおやすみグッズの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬用のクレートやサークルを買うとき、ちょうどいいサイズを選ぶのは意外と難しいもの。今回はクレート、サークル、ベッドの“ピッタリサイズ”の目安をご紹介します。

【クレート】中で一回転できて、足や鼻先がはみ出さないサイズ

家にいるときや、お出かけのときなどに犬の居場所になるクレート。非常時など避難の際にも使います。
犬が安心しやすいのは、「中で一回転できて、足や鼻先がはみ出さない」サイズ。
犬をクレートに入れたときに、中でスムーズに一回転でき、さらに犬がフセをしたときに、クレートからはみ出さないサイズがピッタリです。

子犬なら、成犬になったときのサイズを想定して買いましょう。扉を閉める金具部分がゆるくなってきたり、取っ手部分が壊れたりしたら買い替えの目安。脱走や誤飲・誤食の危険があるので、買い替えましょう。

撮影/尾﨑たまき

胴長犬の場合は高さよりも“長さ”を合わせる

胴長犬は、体高が低く胴が長いため、ピッタリサイズを選ぶときに迷うことも。その際は、犬がフセをしたときの鼻先~お尻までの長さとクレートの奥行きを合わせると◎。

撮影/尾﨑たまき

超小型犬の場合はクレート内にタオルを入れてピッタリサイズに

超小型犬は、いちばん小さなサイズのクレートでも大きいことが。クレートの奥にタオルなどを入れて空間を調節し、犬の体にサイズを合わせると犬にとって居心地のいい場所になります。ただし、タオルを誤飲・誤食するおそれのある犬なら入れないで。

撮影/尾﨑たまき

【サークル】寝床とトイレを離して置けるサイズ

サークルは犬のハウスとして使うほか、安全に留守番させたり、トイレのしつけのときにも使便利です。
犬が快適に過ごせるのは「寝床とトイレを離して置ける」サイズ。
犬は排泄したところから離れた場所を寝床にするため、サークルはトイレと寝床を離して置ける、大きめサイズが理想。

たとえば小型犬だと90×180cmあると◎。高さは犬の頭より10cmほど高いと、頭が屋根にぶつからず、快適に過ごせます。

塗料がはがれたりさびたりすると、犬が誤って塗料やサビを食べるおそれがあるので、買い替えの目安。また、ジョイント部分は犬が噛んで壊すことがあるので、こまめにチェックしましょう。

撮影/尾﨑たまき

【犬用ベッド】全身がすっぽり入るサイズ

犬が休むときに使うベッド。さまざまな素材があり、寒さ&暑さ対策として使い分けても◎。
犬が居心地がいいのは「全身がすっぽり入る」サイズ。

犬は横になったときにベッドからはみ出さず、体が中にすっぽりと収まる大きめのサイズが落ち着けます。

ベッドを噛んで壊してしまう犬は、プラスチック製のものもあるので、試してみてもいいでしょう。洗濯してもベッドについたニオイや汚れ、抜け毛が取れなくなったり、成長とともに体が大きくなりベッドからはみ出るようになったら買い替えましょう。

撮影/尾﨑たまき

愛犬の体にちょうどいいグッズを選ぶことは、犬が快適に過ごせたり、脱走やケガなどのトラブルが起きないようにしたり、しつけをしやすくしたりするうえでとても重要です。今あるクレートやサークル、ベッドが愛犬にあったサイズになっているか、この機会に見直してみませんか?

※記事中に出てくるサイズ表記は、監修の先生の考えに基づいたものです。各メーカーやデザインの違いによって多少寸法が異なる場合があります。

参考/「いぬのきもち」2021年8月号『愛犬にピッタリ♪ GOODSの選び方』(監修:DOG IN TOTAL主宰 戸田美由紀先生/ペット用品アドバイザー・愛玩動物飼養管理士 土屋 敢さん)
写真/尾﨑たまき
文/sato

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る