1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬が夜になっても寝ないのはなぜ? ライフステージ別の理由と対処法

犬と暮らす

UP DATE

犬が夜になっても寝ないのはなぜ? ライフステージ別の理由と対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「夜になっても愛犬が寝てくれない」「犬が夜中に楽しそうに遊び始めた」こんな経験はありませんか?

いつもはぐっすり寝る犬が"夜になっても寝ない"ときに考えられる理由について、いぬのきもち獣医師相談室の山口みき先生が解説します。

犬が夜になっても寝ないときの注意点

愛犬が夜になぜ寝ない?いつもは寝るのにどうして?ライフステージ別の理由と対処法 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「いつもは夜になるとぐっすり寝る犬が、夜になっても寝ない」こういった場合では、犬が興奮していたり、その日のお昼寝が長かったなど、日中の活動量に変化はなかったでしょうか?

"寝なかった次の日にはいつも通り寝る"など、一時的なものであれば様子をみてもよいでしょう。

ただし、犬が夜に寝ない状態が数日続いたり、明らかに様子がおかしい、食欲や元気などにも変化がみられるといった場合は、念のため動物病院を受診しておくと安心なケースもあります。

今回は、ライフステージ別に犬が寝ない理由とその対処法についてみていきましょう。

①子犬が寝ない場合

愛犬が夜になぜ寝ない?いつもは寝るのにどうして?ライフステージ別の理由と対処法 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

子犬が夜になっても寝ないで遊んだり、鳴いている場合では、

  • 昼間に寝る時間が長かった

  • 遊びが足りない

  • 空腹

  • 成長によって体力がついてきて、日中に消耗しきれていない
などの理由が考えられます。

対処法

子犬と一緒に室内遊びをしたり、ワクチン接種が済んでいればお散歩などをして体力を発散させてみましょう。

また、夜に室内を明るくしていると、睡眠のリズムが付きにくくなります。夜はしっかりと暗くして日中に日光を浴びると、生理的なリズムが付きやすいです。

子犬の食餌は身体の成長に応じて増やしていく必要があるため、食事量が適切かも確認して下さい。

②成犬が寝ない場合

愛犬が夜になぜ寝ない?いつもは寝るのにどうして?ライフステージ別の理由と対処法 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

成犬が夜に寝ない場合では、

  • 昼間に寝る時間が長かった

  • 遊びが足りない

  • 空腹

  • ストレス
などの理由が考えられます。

対処法

愛犬の散歩の時間を増やすなど、日中の活動量を増やしてみましょう。食事の時間や量をコントロールできているか、愛犬がストレスを感じていないか、安心して眠れているかなど、生活を見直してみるのもよいでしょう。

夜に寝ない状況が続く場合はかかりつけの獣医師に相談すると安心です。

③シニア犬が寝ない場合

愛犬が夜になぜ寝ない?いつもは寝るのにどうして?ライフステージ別の理由と対処法 いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

シニア犬が夜に寝ない場合、一時的なら様子をみてもよいですが、何日も続く場合はシニア特有の認知症による昼夜逆転である可能性もあります。また、病気による症状や興奮によって眠りにくくなることも考えられます。

犬の活動量は年齢とともに減ってくるため、無理のない範囲で運動やお散歩、日光浴をさせることを心がけたり、かかりつけの獣医師に相談するとよいでしょう。

夜に寝ない犬や眠れない犬は、日中の過ごし方でぐっすりと眠ることができるかもしれません。参考にしてみてくださいね。

(監修:いぬのきもち獣医師相談室獣医師・山口みき先生)
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る