1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の糖尿病~原因と対策・食事療法

犬の糖尿病~原因と対策・食事療法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

糖尿病は、インスリンのはたらきに異常が起き、慢性の高血糖とエネルギー不足を引き起こす病気です。犬が高齢化するにつれて増加していて、発症後は療法食のフードで管理しますが、フードは水分の多いフードを必要なだけ食べさせることが、予防にもつながります。

インスリン投与と 並行して食事管理を

 糖尿病は、インスリンのはたらきに異常が起き、慢性の高血糖とエネルギー不足を引き起こす病気です。インスリンがうまく分泌されないために起きるインスリン依存性糖尿病と、インスリンがうまく作用しないインスリン非依存性糖尿病があります。犬では、インスリン依存性が多く、オスより避妊手術をしたメスのほうが2倍ほどなりやすい傾向にあります。
 インスリン依存性糖尿病では、インスリンの投与と連動した栄養管理を行います。食事は、食後に血糖値の上昇がゆるやかになるよう、繊維が多く配合されたものや水分の多いウエットフードを用い、必要なだけ食べさせることが優先されます。

引用元:いぬのきもち『愛犬の栄養学事典』

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る