1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医が教える】犬が避妊手術を安心して受けるには-流れと注意点-

【獣医が教える】犬が避妊手術を安心して受けるには-流れと注意点-

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の避妊手術を受けようと思ったときに出てくる、そのための手続きや術後のケア、日常復帰までの期間などといった疑問。今回は、手術を検討してから無事お家に帰ってくるまでの流れについて、日常復帰してからの注意点とともにお話ししようと思います。

避妊手術を受ける前に

チワワのビビくんたち
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

避妊手術を受けてみようと思ったら、まずはかかりつけの動物病院に行きましょう。最近では雑誌やネットの情報も信頼性が高く、質の高いものが増えてきていますが、それらの情報が全ての犬に当てはまるというわけではありません。

避妊手術は、年齢や犬種、持病の有無によってメリットやデメリット、それに伴う麻酔のリスクも変わってきます。自分の子が手術を受けるにあたって、信頼できる獣医師の口から直接説明してもらいましょう。

【獣医が教える】犬の避妊手術の時期、メリット・デメリットについて

避妊手術を受けると決めたら

チワワのマルちゃん
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

獣医師の説明に納得し、飼い主さんの決心がついたら予約を取りましょう。ただし、手術を受けるには全身麻酔が必要となります。麻酔をかけた上でお腹を開ける手術にその子が耐えられるどうか、術前に評価しなければなりません。

安心して避妊手術を受けるための術前検査

その評価のために多くの病院で行われている術前検査が、血液検査です。現状を詳しく把握するために術前検査をたくさん行うのは悪いことではありませんので、もし予算に余裕があれば、血液検査に加えて以下の検査も受けておくと、より安全に麻酔をかけることができるでしょう。

《その他の術前検査》
ホルモン検査/レントゲン検査/腹部エコー検査/心臓エコー検査/心電図検査など

これらをルーチンとして行っていない病院もあるかもしれませんが、自己申告をすれば受けられるので、より安心して手術に望みたい方はぜひ相談してみてください。

事前に備えておくべきこと

手術に際して、法律で定められている狂犬病の予防は当然のことながら、混合ワクチンの接種、ノミ・マダニの予防も徹底するようにしましょう。病院内では他の犬と同室で入院する場合が多いので、感染症を蔓延させないためにも、手術当日までには各種予防を必ず行うようにしてください。

また、肥満気味の子は麻酔のリスクが高くなり、手術の際にお腹の中の脂肪が邪魔をして視野が悪くなってしまうため、手術日程までに無理のないダイエットをしておくことも大切な準備の一つです。私たち獣医師も大変助かります。

【獣医が教える】メス犬の避妊手術にかかる費用と留意点

避妊手術日前後の過ごし方

ななちゃん
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

手術日の前日や当日、翌日以降の過ごし方、特に食事や運動制限などについて、退院までの流れとともにご説明します。

手術前日の過ごし方

いつも通りのんびり過ごして大丈夫です。ただし、激しい運動をしたり、初めての場所に行ったり、なれないオヤツを与えたりなど、普段と違うことをするのはやめておきましょう。ご飯は通常通り与えて構いませんが、前日の夜を最後に絶食させてください。

手術当日の食事制限

朝は絶食、絶水にして、指定された時間までに病院へ連れて行ってください。絶食がどうしてもかわいそうという場合は、あらかじめ獣医師に相談してみましょう。リキッドタイプの食事に限り、朝与えることを許可してもらえる場合があります。

退院のタイミング

多くの病院はお昼の間に手術を行うので、午後の診察前には手術は終わっているでしょう。退院に関しては当日もしくは翌日というケースが多いです。一泊の入院が必要かは獣医師によって方針が異なるので、事前に聞いておきましょう。

術後の食事のケア

無事手術も終わり一安心ですが、まだまだ体は本調子ではありません。手術当日の退院であれば、まだ意識がぼーっとしているかもしれませんし、食欲も全開ではないかもしれませんので、夕ご飯は少し少なめにしてあげるのも良いでしょう。翌日からは通常通り食事を与えて構いませんが、退院後の高栄養サポート食もあります。食事内容に関しては獣医師の指示に従いましょう。

傷口の管理は不要

病院によって多少の違いはあると思いますが、基本的に手術の傷口に対する自宅での消毒等を含めた直接的な管理は必要ありません。傷口が直接露出しないようテープなどでカバーされている場合が多いので、気にせずそのままにしておいてください。

抱っこする際に傷口の部分を抱えても、それで傷口が開くことは基本的にありませんが、強くこすったり無理にテンションを加えたりすると、傷口に炎症が起きて治りを遅くしてしまいます。痛みや痒みにつながることもあるので、優しく丁寧に扱ってください。

抜糸を終えて日常復帰するまで

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルのラキちゃん
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

術後、少し時間もたち体力が回復すれば、基本的には普段と同じように過ごしてもらって構いません。ただし、運動目的で散歩に連れて行くことや、おもちゃなどを使ってこちらから故意に運動させることは控え、抜糸が終わるまではなるべく安静に過ごす方が良いでしょう。

処方された薬について

傷口が化膿しないように、処方された飲み薬はしっかりと指示された通りに飲ませてください。傷口の治りが悪くなったり、最悪の場合、傷が開いてしまい再度縫い直しの手術が必要になったりするので、本人が元気にしているからといって勝手に途中でやめてしまうのはいけません。

また、術後数日は傷口に対しての痛み止めを処方される場合があります。胃が荒れるのを防ぐため胃薬と一緒に処方されることが多いですが、必ず全部飲ませるようにしましょう。なお、感染予防のために抗生剤も飲ませますが、稀に薬の影響で下痢や嘔吐をすることがあります。そういった消化器症状が出た際は抗生剤の変更もできるので、獣医師に相談してください。

抜糸のタイミングとその後

手術の傷口は、糸で縫ったりホッチキスのような金具でとめたりしますが、もちろんずっと付けっ放しにするわけではなく、抜糸のために再度病院へ行く必要があります。そのタイミングについては病院により多少のばらつきがあるものの、多くは術後1~2週間後に行います。それまでの間はトリミングやシャンプーを控え、傷口が濡れないようにしてください。また自分で直接舐めないように、洋服を着せたり、エリザベスカラーを装着したりしましょう。

抜糸予定日が来たら病院へ行き、まずは傷口の評価をしてもらいましょう。問題なければ抜糸をして一段落です。その後、傷口を舐めたりしなければエリザベスカラーも外して構いません。シャンプーや散歩も自由に行って大丈夫です。つまり、抜糸が無事に終われば日常への復帰ができるのです。

避妊手術後の変化

ラブラドール・レトリーバーのさくらちゃん
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

避妊手術を受けることで起きる変化や、皆さんから多く寄せられる疑問についてお話しします。

体重管理が重要

術後の一番大きな変化といえば体重の増加でしょう。生理に伴うエネルギー消費が一切なくなるので、ほとんどの場合、これまでと同じ食事量や運動量では体重が増加していく傾向にあります。

ご存知の通り、肥満は万病の元です。病気の予防のための避妊手術で肥満になり、逆に病気を招いては本末転倒です。本来の目的を達成するためにも、術後の体重管理を徹底しましょう。体重管理のために術後からスタートするフードもあります。様々な種類があるので、一度獣医師に相談してみてください。

性格は変化するか否か

疑問に思われている方も多い避妊手術後の性格の変化ですが、結論からお話しすると、特に性格が変わることはないように感じています。男の子が去勢手術を受けることで攻撃性が減ったというような経験はありますが、女の子の避妊手術による直接的な性格の変化は実感したことがないように思います。

ただ、術後一泊の入院期間中に受けるストレスや、他の入院犬と同室で一晩共に過ごすことなどから、何らかの性格の変化が起きる可能性はあります。そのため、よりストレスを少なく入院させたいということであれば獣医師に相談してください。隔離室を備えている動物病院は多いので、別途費用がかかることもありますが、他の犬との相部屋を避けられるかもしれません。

避妊手術は伴侶動物の適切な飼育の上では避けて通れない道です。今回は手術を受ける際の具体的な流れをお話ししましたが、費用をはじめ、手術方法や入院期間などは病院や獣医師によって方針が違います。まずはかかりつけの動物病院へ行き、自分の子の現状を踏まえて、より安心して行える手術のプランを信頼できる獣医師と一緒に決めていきましょう。

皆さんが受ける手術だからこそ、正しい知識が広まり、より多くの方に不安なく手術を受けていただけるようになると嬉しく思います。

監修/平野太陽(獣医師・右京動物病院SAGANO院長)
文/菜々
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る