1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しつけ
  4. コマンド・命令
  5. 犬のしつけは絶対に必要? 今さら聞けない「しつけの疑問」に専門家がお答えします!

犬と暮らす

UP DATE

犬のしつけは絶対に必要? 今さら聞けない「しつけの疑問」に専門家がお答えします!

「楽しく愛犬と暮らしたいだけなのに、しつけって必要なの?」こっそりそう思っている飼い主さんもいるかもしれません。

そこで今回は、今さら聞けない“しつけの基本中の基本の疑問”について、しつけインストラクターの戸田美由紀先生にお答えいただきました。

疑問(1)犬のしつけって絶対に必要?

ビーグルのベルちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬のしつけは絶対に必要です。

しつけは飼い主さんと愛犬が共存するために必要なマナーとルール。吠えや噛みなどの困りごとがあると、他人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

人の社会のなかでどう行動すべきかを伝えるものなので、しつけをしたほうが、愛犬がストレスなく暮らせるというメリットもあります。

疑問(2)いちばん大事な犬のしつけとは?

トイ・プードルのモカちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
「アイコンタクト」です。「オスワリ」「ハウス」「トイレ」など、教えておきたいしつけはいろいろありますが、それらを教えるためにも、まずは目の前の飼い主さんに注目してもらうことが最重要。

目を合わせると愛犬の気を引きやすくなりますし、飼い主さんの指示も伝わりやすくなります。続けていくと愛犬から目を合わせてくれるようになり、ほかのしつけもしやすくなるでしょう。

疑問(3)3才以上の犬はしつけるには遅い?

柴のきなこちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
もちろん子犬のころから始めるのがおすすめですが、やらなければと思ったときが始めどき。しつけは絶対に必要なので、「何才までにやらなければならない」というものではありません

寝たきりでなければ、10才からでも始められるので、3才あれば今から十分間に合いますよ。

疑問(4)どんな場合でも犬を叱るのは絶対NG?

MIXのラルちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
犬は人のように複雑な言葉がわからないため、飼い主さんに叱られることに強いストレスを感じます。とくに叩くなどの乱暴な𠮟り方は、愛犬との関係性を一気に悪化させる行為です。

愛犬と良好な関係を築くためには、ほめてしつけるのがおすすめ。どうしても困ったときは、プロにお願いするのも一案です。

疑問(5)しつけやすい性別はある?

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのゴン太くん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
一概には言えないものの、個人的な感覚で言えば去勢手術を済ませたオスは比較的素直なコが多い傾向です。

しかし、同じ性別や犬種であったとしても、性格は千差万別。しつけやすいかどうかは、犬の性格次第といえるでしょう。
しつけは飼い主さんと愛犬がストレスなく過ごすために必要なもの。わからないことは放置せずに、疑問を解消して取り組むようにしましょう。
※この記事では監修の先生のご経験をもとにあくまでのご見解のひとつとして回答いただいています。

お話を伺った先生/戸田美由紀先生(日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター DOG IN TOTAL主宰)
参考/「いぬのきもち」2022年2月号『読者みんなが知りたかった! 日常の困りごとから聞いてみたかった素朴なギモンまで、しつけのプロがズバッと答えます! しつけのギモン一問一答36』
文/江村若奈
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る