1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 『喜・怒・怖・安』別にみる犬のしぐさとベストな対応

犬と暮らす

UP DATE

『喜・怒・怖・安』別にみる犬のしぐさとベストな対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬によく見られる『喜・怒・怖・安』の感情。それぞれの感情のとき、犬はどのようなしぐさをするのでしょうか。今回は、この4つの感情を表す犬のしぐさと、飼い主さんがそのときに取りたい“ベストな対応”についてご紹介します。

犬が『喜』の感情を感じているとき

お散歩が嬉しいゴールデン・レトリーバー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬は喜びを感じると、しっぽに気持ちが表れます。犬が「しっぽを高くあげる」「小刻みに振る」というしぐさは、わかりやすいですね。
他には「口角をゆるめる」「目をキラキラと輝かせる」などの表情で、嬉しい気持ちを表現することもあるようです。

喜びの感情にお返しすると絆が深まる

もし犬が喜んで近寄ってきたら、飼い主も「おはよう」などと挨拶をして、笑顔を返してあげましょう。「あなたが喜んでいると、私も嬉しいよ」と犬に伝えると、犬との絆がより深まります。

犬が『怒』の感情を感じているとき

起こされて怒る柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が怒っているときは、顔の表情や姿勢に気持ちが表れます。「歯をみせる」「マズルにしわを寄せる」「耳を寝かせる/立てる」「うなり声を上げる」「前のめりになる」などしていたら、犬はなにかに怒っているのでしょう。

怒りの原因を取り除いてあげることが大切

犬が怒るのは「これ以上無理です」というサインなので、なぜ怒っているのか原因をみつけて取り除くことが大切です。
例えば、お手入れしているときに怒るなら、犬の機嫌がいいときにお手入れしたり、一度に行う量を減らしたり、おやつをあげて喜ばせたりして、お手入れのやり方を工夫しましょう。
また、犬が怒るまでやらないことも心掛けたいです。

犬が『怖』の感情を感じているとき

他の犬を気にするフレンチ・ブルドッグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が恐怖を感じているときは、その気持ちが体全体に表れます。「しっぽを下げる・丸める」「背中を丸めている」「体をこわばらせる」「顔をそむける」などしていたら、犬は恐怖を感じているのでしょう。
その場からに逃げたくなって、実際に逃げてしまうこともあるようです。

怖い気持ちに同調しないで

もし犬が恐怖を感じていても、飼い主さんは心配したり同調したりせずに、いつもと同じ顔を犬に見せてあげましょう。そうすることで、犬も安心できます。
また、犬が怖がることが予想できる場合は、事前に抱きかかえて回避させるのも有効です。

犬が『安』の感情を感じているとき

お腹を出して眠る柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が安心しているときは、体や顔の表情が柔らかくなっています。「崩したフセをしている」「お腹を見せている」「体に力が入っていない」「目を自然に開けている」「ほがらかな表情をしている」ときは、安心しているのでしょう。

安心の感情が続くようなしつけを

安心するのはいいことなので、直す必要はありませんが、リラックスしている状態をほめてあげることで、いつも安らかな気持ちでいられる犬にしつけることができます。
ほめる言葉をかける、ご飯をあげるなどして、安心しているといいことがあると感じさせてあげましょう。

犬の気持ちに寄り添った返事やお世話をすれば、犬と飼い主さんの信頼関係も深まっていくはず。ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年5月号『喜・怒・怖・安きもち別対応つき 絆を強めるお世話の工夫』(監修:ジャパンケネルクラブおよび日本警察犬協会公認訓練士 日本動物病院協会家庭犬しつけインストラクター 戸田美由紀先生)
文/こさきはな
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る