1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 興奮した犬は“相手にしない”のが基本!その理由に納得

犬と暮らす

UP DATE

興奮した犬は“相手にしない”のが基本!その理由に納得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「愛犬が興奮しすぎて困っている」という飼い主さんも少なくありません。もともとテンションが高い犬もいるようですが、エスカレートすると手がつけられなくなる場合もあるので、早めの対策が必要です。
ここでは、犬の興奮レベル別に、飼い主さんが取るべき対処法をご紹介します。

犬の興奮レベル1「暇さえあれば人にちょっかいを出す」

チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

常に動いていて、暇さえあれば人にちょっかいを出すレベルの興奮の場合、我慢できないほどではありませんが、今後のためにも早めに対処することをおすすめします。

「相手にしない」を徹底しよう!

愛犬がちょっかいを出してきたとき、「今忙しいから、あっちへ行って!」などと声をかけていませんか?

これは一見、相手にしていないように見えますが、実は犬が「飼い主さんが相手をしてくれた」と勘違いしてしまう対応なのです。
勘違いした犬はうれしい気持ちになり、また同じ行動を繰り返すようになるので注意しましょう。

この行動をやめさせるためには、犬が興奮して近づいてきても「相手にしない」ことがポイントです。例えば、目をあわせない、背を向ける、ほかの部屋へ行くなどの対応を取るとよいでしょう。

犬の興奮レベル2「落ち着きがなく、人にじゃれつく」

柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬が落ち着きなく動き回り、人にじゃれついたり、飛びかかったりするときは、興奮度がかなり高まっています。悪化させないためにも、積極的に直していく必要があるでしょう。

「相手にしない」+「エネルギー発散」で対策しよう

この場合、レベル1と同様に、「犬の興奮につきあわない」ことが基本的な対処法です。

しかし、日常的なエネルギー発散不足が、興奮の原因となっているケースもあるので、基本的な対処法と並行しながら、しつけのトレーニング時間を設けたり、散歩や遊びの時間を増やしたりしてみることも大切です。

飼い主さんとふれあいながら、犬の脳と体に十分な刺激を与える機会をつくってあげましょう。

犬の興奮レベル3「人に頻繁にじゃれつき、イタズラもする」

パピヨン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人に頻繁にじゃれつき、おもちゃを持ってきたりイタズラをしたりする場合は、危険や迷惑が伴うので、根気よく対処していく必要があります。

リードとクレートを活用し、落ち着かせよう!

この場合、まずは犬を落ち着かせるために、室内にいるときもリードをつけるようにしましょう。そして、飛びつくなど犬が興奮しそうになったら、リードを持ってその行動を止めてください。

また、クレートトレーニングをし、1日クレートの中で休ませるのもポイント。レベル1と2の対処法も実践して、犬の興奮につきあわないことはもちろん、犬を興奮させない環境づくりも必要です。

犬の興奮は、思わぬ事故やトラブルにつながるおそれがあります。どうしても改善されない場合は、専門家に相談してみましょう!

参考/「いぬのきもち」2018年5月号『愛犬の5大困りごとレベルはどのくらい?吠え・興奮などの困りごとをレベル別にアドバイス!!』(監修:日本動物病院協会認定家庭犬しつけインストラクター 戸田美由紀先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る