1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 知っておきたい 犬が触られたくない体の部位は

犬と暮らす

UP DATE

知っておきたい 犬が触られたくない体の部位は

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

撫でてもらったり、マッサージしてもらうのが好きな犬っていますよね。そんなコたちでも、「ある場所」を触られると嫌がってしまうことも…?

そこで今回は「犬が『触られたくない』と思っている体の部位」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に解説してもらいました!

犬が「触られたくない」と思っている体の部位

マッサージしてもらう犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー犬が触られると嫌がる体の部位はどこですか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
足先や口先、肛門周り、しっぽなどの体の先端部は感覚器が集まる部分なので、敏感で嫌がることが多いです。特にマズルは信頼できる人にしか触らせません

ーーたしかに、体の先端部を触ると嫌がることがあるかも…。

獣医師:
「また、足の関節部分は皮膚が薄くて骨が出ているため、お手入れなどのときに強くブラシをかけると、骨にあたってすぐに皮膚を傷つけてしまいます。そういう理由からも、足の関節部分は嫌がる犬が多いです。ほかにも、過去のお手入れなどの際に痛い思いをした部位は嫌がる傾向にありますね」

ーーお手入れなどをする際は、飼い主さんは充分に注意しなければいけませんね。

犬が触られると喜ぶ体の部位は?

マッサージしてもらう柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー反対に、犬が触られると喜ぶ体の部位はどこですか?

獣医師:
「犬が触られると喜ぶ場所は、首回りや耳の付け根などです。触って気持ちがいい場合は、犬は目を細めたり、呼吸が深くなったり、座る・寝そべるなどラクな体勢になったりします」

ーー犬を触るときのポイントなどはあるのですか?

獣医師:
「犬は基本的に信頼できる人にしか体を触らせない、という本能があります。なので、警戒心の薄い子犬のころから体を触られることに慣れさせておき、信頼関係を築いておくことも大切です。

犬の触り方としては、まずはひと声かけてあげてからやさしく撫でてみて、犬が平気そうであればマッサージするように触ってあげるといいでしょう」

マッサージしてもらうキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

個体差はあるかもしれませんが、犬には「触られたくない」と思っている体の部位があるみたいです。飼い主さんは、愛犬が触ると喜ぶ体の部位を見つけてあげて、たくさん触ってあげると信頼関係がより深まるかもしれませんね♪

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

■おすすめ記事
愛犬の触りすぎには注意! 特にそっとしてあげたい「3つの場面」
なんだこのモチモチほっぺは…マッサージ中の柴犬の姿が最高すぎる

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る