1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ダニ・ノミ・寄生虫
  5. 室内犬も要注意! 獣医師が教えるダニ・ノミ・寄生虫ケア

犬と暮らす

UP DATE

室内犬も要注意! 獣医師が教えるダニ・ノミ・寄生虫ケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちのコは草むらに行かない」「室内飼育だからダニ・ノミ・寄生虫ケアは大丈夫」こんな風に思うのは危険なことも!いぬのきもち相談室の獣医師が、見落としがちな駆虫ケアについてご紹介します。

室内犬でもダニ・ノミ・寄生虫のケアは必要

獣医師監修:見落としがちなダニ・ノミ・寄生虫ケア
ダニ・ノミ・寄生虫ケアはしっかり行いましょう。
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

室内飼育でもダニ・ノミ・寄生虫の予防は必要です。家には人が出入りし、外の世界との接触がある限り感染のリスクがあります。

また、万が一災害が発生した際に、避難や外出をしなければならないことも考えて予防をすることも大切です。

駆虫薬は正しく飲ませること

獣医師監修:見落としがちなダニ・ノミ・寄生虫ケア
犬はダニやノミがいる草の中が大好き♪
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

駆虫薬は、決められた時期だけでなく、居住している地域の気温や生活環境を考えて投薬プログラムを行うことが必要です。

例えば、関東近辺では、3月位になるとダニが寄生することも多くみられます。ノミ・ダニの発生が多い場所であったり、よく寄生する場合は、一年中駆虫をすることが必要なケースもあるでしょう。

夏場だけフィラリア予防をする方がいますが、春から冬まで予防をする必要があり、翌シーズンまで愛犬の体に寄生させないことも重要です。

フィラリアの感染には気温が関係するため、どれくらいの期間について予防が必要なのかを、かかりつけ医に相談する必要があるでしょう。

また、フィラリア予防薬は、忌避剤や虫よけのためではなく、"駆虫薬"であることの理解も必要です。

日々のお散歩コースで消化管内寄生虫の寄生リスクがあれば、定期的に駆虫したり、検便を行いましょう。お薬の種類や駆虫のタイミングは、生活環境や寄生虫の種類によって変わります。

駆虫薬の投薬予定をメモしておきましょう

獣医師監修:見落としがちなダニ・ノミ・寄生虫ケア
ダニ・ノミ・寄生虫ケアを行って、お出かけを楽しもう!
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

投薬日を忘れがちな場合は、カレンダーに次の予定を記入しておきましょう。携帯のスケジュール機能やアラームの設定もおすすめです。

家族など別の方がお手伝いしてくれるのであれば、きちんと飲ませたかを、互いに確認したり、決まった場所に保管しておくとよいかもしれません。毎月通院している場合は、病院におまかせするのもよいでしょう。

(※もし投薬忘れがあった場合は、思い出したときに投薬を行い、かかりつけ医に報告しましょう。)

これからのシーズン、ダニ・ノミ・寄生虫ケアをしっかり行って愛犬の健康を管理してあげてくださいね!

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

狙いはココ! 愛犬のためノミ・ダニ退治で掃除したほうがいい場所

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る