1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 雑学・豆知識
  4. 法律・条例
  5. 散歩中にすれ違った人を愛犬が噛んでしまい、相手はケガをして病院へ 飼い主さんが訴えられた!

犬と暮らす

UP DATE

散歩中にすれ違った人を愛犬が噛んでしまい、相手はケガをして病院へ 飼い主さんが訴えられた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホントにあった、犬にまつわる事件簿を紹介!

過去に実際に起こった犬がらみのトラブルと、それに対して裁判所から下された判決について解説します。同じような事件が起こった場合の参考になります。

今回ご紹介するのは、東京地方裁判所で平成29年1月20日に判決が出た事例です。

※この記事の解説は、ひとつの例にすぎず、まったく同一の解決・判決を保証するものではありません。個々の事件の判決については裁判所に、解決策はその当事者に委ねられます。

お話してくれたのは……渋谷 寛先生

弁護士/渋谷総合法律事務所。ペット法学会事務局次長。動物の医療過誤訴訟を担当するなど、ペットと法律の問題に力を注ぐ。共著に『Q&A ペットのトラブル110番』(民事法研究会)など。

愛犬が相手の太ももを噛んでしまった!

愛犬が相手を噛んだところは双方とも見ていなかった

イラスト/macco
イラスト/macco

Aさんは、愛犬をリードでつないでいた散歩中にBさんとすれ違った際、「ひざが痛いと思って振り向いたら犬がいたので、噛まれたのかと思って」と話しかけられました。Aさんも相手方のBさんもはっきりと噛んだ瞬間は見ておらず、Aさんはリードが引っ張られるような感覚もなかったことから、そのまま立ち去りました。
Bさんはその後、傷の状態が悪化し、その日のうちに病院へ行き、その後4日間の通院治療を受けることになりました。また、噛まれた傷は8カ月以上経っても残り、色素沈着も見られたことから、Aさんに対し「飼育管理義務違反」による治療費や慰謝料など170万円余りを求める訴えを起こしました。

愛犬は以前も人を噛んだことがあり、SNS投稿もしていた

裁判では、Aさん自身は愛犬がBさんを噛むところを見ていないこと、リードを引っ張られるなどの違和感がなかったことなどを理由に、愛犬がBさんを噛んだとはいえないと主張しました。しかし、「Aさんの愛犬は以前にも人を噛んだことがある」という情報が、Bさん側から取り上げられました。Aさんは、そのことをSNSに投稿していたのです。

このことや病院の診断書などから裁判所は、「人を噛むクセがあることがうかがえる」「Bさんを噛まないようにリードを引くなどの対応をすべきだったのに、それを怠った」として、Aさんの過失を認め、Bさん側の主張が認められることになりました。

判決は……飼い主さんに55万円余りの支払いが命じられた

イラスト/macco
イラスト/macco

愛犬を散歩させるときには愛犬の様子やまわりをよく見て、トラブルを未然に防ぐのはもちろん飼い主さんの義務ですが、万が一トラブルが起こったときにも、誠実に対応しましょう。

参考/『いぬのきもち』2018年8月号「ホントにあった犬の事件簿」
構成・文/豊島由美
イラスト/macco

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る