1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ストレス
  5. ストレスが大敵!「犬の寿命を縮めてしまうかもしれない」NG生活習慣4つ

犬と暮らす

UP DATE

ストレスが大敵!「犬の寿命を縮めてしまうかもしれない」NG生活習慣4つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何気なく行っている生活習慣が犬の寿命を縮めてしまうかもしれません。
犬が「ストレスを感じやすい生活習慣」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞きました。

ストレスは犬の体にトラブルを起こしやすいって本当?

ストレスが大敵!犬の寿命と縮める生活習慣とは? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

獣医師)はい。本当です。例えば、ストレスから免疫力が下がって体調を崩したり、病気になりやすくなったり、精神面で不安定になることで攻撃性が出たり、自分の体を噛むといった自傷行為なども引き起こされることがあります。

犬にストレスがかかっている状況に、飼い主さんやご家族が気がついていないこともあります。

ではここからは、犬の寿命を縮めてしまう可能性があるやってしまいがちな飼い主の生活習慣と、犬にかかるストレスについてみていきましょう。

NG習慣①愛犬に水を自由に与えていない

ストレスが大敵!犬の寿命と縮める生活習慣とは? いぬのきもち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

新鮮なお水を自由に飲めない環境は、犬が重度のストレスを感じるだけではなく、膀胱炎などの病気になる確率も高くなってしまいます。

NG習慣②深夜も室内のライトがついている

犬は元々巣穴で暮らしていた生き物なので、暗く狭い場所に安心感を覚え、ゆっくりと身を休めることができます。

このため、明るい場所や騒がしい場所だと敵から身を守ろうとする本能の警戒心が解けず、ぐっすりと寝ることができないでしょう。

NG習慣③犬の近くで大音量のテレビや音楽を楽しんでいる

ストレスが大敵!犬の寿命と縮める生活習慣とは?
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の聴力は人間よりも高音領域の音を聞き分けるといわれています。これは、獲物となる小動物が発する甲高い声などの音を聞き分けるためだと考えられているからです。

実験の結果でも、全ての音ではないものの、4倍離れた距離の音も聞き分けることができるとされています。このため、犬が近くで大きな音を感じる事は、相当のストレスになってしまうでしょう。

NG習慣④犬がくしゃみをするなど嫌がっているのにアロマや香水を使っている

犬は、刺激臭を人の約1億倍も感知するといわれています。このため、人間にとってはよい香りでも、犬にとっては強い悪臭という場合が多いのではないでしょうか。

犬にできるだけストレスを与えないようにすることは、心と体の健康を維持するためにも大切なことですね。飼い主の生活習慣と犬のストレスについてご紹介しました。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る