1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. ダニ・ノミ・寄生虫
  5. <PR>フィラリア症に要注意!獣医師に教わる【愛犬を守るための知識】とは?※体験談あり※

犬と暮らす

UP DATE

<PR>フィラリア症に要注意!獣医師に教わる【愛犬を守るための知識】とは?※体験談あり※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍の今、感染症に対する意識が高まっていますが、犬にとって特に危険なのは「寄生虫による感染症」です。これから梅雨が明け、気温の高くなる時期を迎えると、ますます注意が必要になります。

そこで、愛犬を守るために飼い主さんが知っておきたい4つの知識を獣医さんに伺いました。フィラリアをはじめとした、犬にとって危険な寄生虫の種類やその対策方法をご紹介しますので、しっかり確認しておきましょう。

↓↓記事の後半では、愛犬がフィラリア症にかかってしまった飼い主さんの体験談もご紹介します。↓↓

その1:犬が気をつけるべき寄生虫には、どんな種類がありますか?

▼獣医師Answer

寄生虫として代表的なのはフィラリア・ノミ・マダニです。室内で飼っているとつい油断してしまいがちですが、お散歩の時に寄生されたり、飼い主さんが服に付着させて持ち帰ったりしてしまう場合も十分あり得ます。すべての愛犬がこれらの寄生虫が媒介する感染症にかかるリスクがあります。

●フィラリア……蚊が媒介する寄生虫で、犬の心臓や肺動脈に寄生することでフィラリア症を発症します。フィラリアは成虫になると30cmにもなる糸状の寄生虫です。

●ノミ……犬や猫の被毛の中に潜み、血を吸って生きている寄生虫です。

●マダニ…日本には40種類以上が生息しており、あらゆる気候・場所に適応して繁殖しています。

その2:犬がフィラリアに感染してしまうと、どのような症状が出ますか?

▼獣医師Answer

犬がフィラリア症にかかると、主に以下のような症状があらわれます。

・咳が出る
・元気がない
・食欲がない
・尿に血液が混じる


万が一発見が遅れ、重症化してしまうとさらに深刻な症状があらわれます。

・立っていられなくなる
・お腹が膨れ、足がむくむにも関わらず、体はガリガリに痩せ細る


ここまで深刻化すると、命を失う場合もあります。フィラリアの成虫を取り出す手術もあり、その場合は頸静脈(けいじょうみゃく)を切開し、特殊な器具を使って成虫を引っ張り出すという方法が取られることがあります。非常に過酷であり、犬にとっても大きな負担のかかる手術です。

また、治療したとしても、心臓疾患や後遺症が残る場合も多く、通院や治療を少なくとも数年間続けなければなりません。フィラリア症の治療はとても過酷で、犬に大きな負担を強いる感染症だと言えるでしょう。

【愛犬がフィラリア症にかかってしまった飼い主さんの体験談】

フィラリア症は、一度感染してしまったら二度と健康には戻れません。一生抱えて生きていく病気です。

S.Nさんの愛犬チロちゃん 現在推定15才

「3年前に保護犬のこのコを預かった時、すでにフィラリア症という診断を受けていました。高齢だったため、手術はリスクが高く断念。通院して内科治療を続けることになりました。
当初は里親が見つかるまで預かるボランティアでしたが、なかなか里親が現れず時間が経っていきました。そのうち、健気に治療を頑張るこのコの姿を見ていると、必ず治してやりたいと強く想うようになり、家族として迎えることを決心しました。その後1年の通院を経てフィラリア検査結果が陰性になりましたが、今も後遺症には苦しめられています。

咳の発作が出たり、ちょっとしたことでも驚くとフラっと倒れてしまったり、最近では腹水も溜まるようになってしまいました。これらすべて、フィラリア症によって心臓の形が変形してしまった後遺症だそうです。毎日お薬を飲んで、やっと症状を抑えている状態です。

チロは現在15才と推定されていますが、上記の症状以外は目も鼻もよく利き、足腰もとても丈夫なので、フィラリア症にさえなっていなければもっと元気に残りの時間を過ごせたはずなのに…と心から悔やまれます。」

フィラリアの成虫 写真提供/香川県高松市 すざき動物病院 須崎信茂院長 ※体験談のコの写真ではありません。

実は私自身が子供の頃、当時外飼いをしていた愛犬をフィラリア症で亡くした経験があります。ある日突然発作で倒れ、その日のうちに亡くなってしまうという非常に悲しい別れでした。その頃はフィラリア症に関する知識の乏しい時代で、予防できることも知りませんでした。しかし今は便利なお薬があり、きちんと投薬さえしていれば予防できる病気です。一人でも多くの飼い主さんにフィラリア症のことを知って頂き、愛犬のことを想うなら、絶対に予防を徹底して欲しいと思います。

チロちゃんの飼い主 S.Nさんより

その3:寄生虫の感染症にかからないために、どう対策すればよいでしょうか?

獣医師Answer

愛犬を守るために、次の対策をしっかりと意識しましょう。

1、動物病院で、寄生虫駆除剤と予防推奨期間を確認すること。
2、推奨期間をきちんと守って、寄生虫駆除剤を投与すること。
3、体調がいつもと違うと感じたら、すぐに動物病院を受診すること。

フィラリアやノミ・マダニは、駆除剤をきちんと投薬していれば対策のできる寄生虫です。『愛犬に感染させないこと・他の犬に広めないこと』これは犬を飼う上でのマナーです。ぜひ地域ぐるみで対処し、その意識を社会全体で高めていきましょう。

ノミによる「ノミ刺咬症」「瓜実条虫症」や、マダニに咬まれることで感染、発症する 「 SFTS(重症熱性血小板減少症候群)」「日本紅斑熱」「ライム病」など、 ノミやマダニが人にもたらす危険な病気(人獣共通感染症)もあります。

その4:コロナ禍の今、愛犬のために意識すべきことはありますか?

獣医師Answer

新型コロナウイルスの影響で、来院前の混雑状況の確認や、受診予約をするなど、感染対策意識の高い飼い主さんが増えています。「愛犬の寄生虫対策」についても、ぜひ同じように高い意識を持ちましょう。寄生虫駆除剤の処方や健康診断を受けることは、不要の外出にはあたりません。愛犬を守るために対策を徹底し、ぜひ健康維持に努めてください。

まとめ

「コロナ禍の今は、あまり外出できないし対策しなくていい」と考える飼い主さんもいらっしゃるかもしれませんが、ノミ・マダニ・フィラリアなどの寄生虫は待ったなしで愛犬を襲います。特にこれからの季節は虫が活発化するのでしっかり対策しましょう。

通院のための外出が不安なかたもいるかもしれませんが、寄生虫駆除剤は1年分や数カ月分をまとめて処方してもらえることもあるので、通院回数は少なくて済みます。さらに、フィラリア症予防、ノミ・マダニ駆除、複数のお腹の虫駆除がまとめてできる「オールインワン」の駆除剤もあります。おやつのような美味しい薬もあり、愛犬にとってストレスがありません。ぜひ一度かかりつけの獣医師に相談してみてください。

お問い合わせ/ベーリンガーインゲルハイム アニマルヘルス ジャパン

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事