1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 骨・関節
  4. 前十字靭帯断裂[ぜんじゅうじじんたいだんれつ]

骨・関節

UP DATE

前十字靭帯断裂[ぜんじゅうじじんたいだんれつ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前十字靭帯断裂の症状と治療、予防方法

解説

加齢によって靭帯が弱まり、ひざの十字に交差した靭帯の前側(前十字靭帯)が切れる病気です。また肥満によってひざへの負担が大きくなると、靭帯は切れやすくなります。事故によって切れることもあります。

原因

老化や肥満などにより膝関節に負担がかかると前十字靭帯の劣化が進みます。このように前十字靭帯が劣化した状態でジャンプや方向転換をすると前十字靭帯に急激な力が加わり断裂するケースが多く見られます。膝蓋骨脱臼や内分泌疾患が関係していたり、交通事故によって発症することもあります。

症状

急に断裂したり完全に断裂した場合は、強い痛みを伴うことが多く、患肢に体重をかけることができずに、肢を挙げたままの状態になったり肢先を軽く地面につけるような歩き方になります。慢性的に病状が進む場合は足を引きずるような様子が徐々に悪化していくのが見られます。

診断

骨のずれ具合を確認します。前十字靭帯は、大腿骨に対して脛骨が前方に滑らないように固定しています。ですので、前十字靭帯が切れててしまうと、脛骨が前方にずれてしまいます。触診やレントゲンでどの程度の骨のずれが生じているのか、断裂によっておこりうる膝関節の炎症などを確認します。

前十字靭帯断裂の治療

なるべく早く手術します。関節の中に十字靭帯を再建させる。もしくは関節の外側を強化することで、正常に近い関節に戻します。

前十字靭帯断裂の予防

ひざに負担をかけないよう肥満予防を。

CATEGORY   骨・関節

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「骨・関節」の新着記事

新着記事をもっと見る