1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 骨・関節
  4. 膝蓋骨脱臼[しつがいこつだっきゅう]

骨・関節

UP DATE

膝蓋骨脱臼[しつがいこつだっきゅう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膝蓋骨脱臼の症状と治療、予防方法

解説

外傷や先天的な異常によって、ひざの関節の皿がずれます。痛みがほとんどないものから、痛みや腫れを伴うもの、ひざが動かず足を引きずったり、地面から上げて歩くものなどさまざまなレベルの症状があります。

原因

外傷や先天的な異常が原因になります。

症状

軽い場合には、症状がでないこともありますが、ときどきスキップをするように片足をあげたり、膝を曲げのばしたりするような動作が見られます。

診断

膝関節の触診や身体検査に加え、レントゲン検査を行います。

膝蓋骨脱臼の治療

犬におかしい歩き方や痛みがなさそうな場合は、そのまま様子を見ることが多いです。症状が重く、日常生活に支障が出る場合は、皿を元の位置に戻す手術を行います。

膝蓋骨脱臼の予防

先天的な異常の場合は、ひざの負担を軽くするよう床にじゅうたんを敷いたり、肥満予防をするなど生活環境を整えます。発症している可能性があるかを、子犬のうちにエックス線検査で確認しておくとよいでしょう。

CATEGORY   骨・関節

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「骨・関節」の新着記事

新着記事をもっと見る