1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 核硬化症[かくこうかしょう]

UP DATE

核硬化症[かくこうかしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

核硬化症の症状と治療、予防方法

解説

眼球の中のレンズにあたる水晶体の中心部分の核が、加齢に伴ってかたくなることで発症。白内障と異なり、視力は失われません。

原因

水晶体の老化によるものです。

症状

かたくなった核に光が当たると乱反射して、目が白く濁ったように見えます。

診断

瞳孔の中に光を照射し、眼球の奥にあるタぺタム層からの反射光を観察します。

なりやすい犬種

全犬種

核硬化症の治療

視野に多少の影響が出ることもあるようですが、視力には問題ないので、手術などの治療は必要ありません。

核硬化症の予防

白内障と見分けるのは難しいので、愛犬の目が白く濁っていると思ったら、病院で診察を受けましょう。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る