1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 結膜炎[けつまくえん]

UP DATE

結膜炎[けつまくえん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結膜炎の症状と治療、予防方法

解説

結膜(白目の部分)の表面に炎症が生じる病気です。犬が目をこすって涙や目ヤニが出たり、まぶたのまわりが赤くなったりします。角膜(黒目の表面の透明な部分)にも炎症が広がり、角結膜炎に進行するケースも。目をこする、シャンプーが目に入る、目のまわりの毛が目を刺激するなどの外傷性(片目に多い)と、感染症などの非外傷性(両目に多い)があります。

原因

原因として、まつ毛やシャンプー、ほこりなどの物理的刺激、細菌やウィルスの感染、アレルギーなどが考えられます。

症状

結膜が赤く腫れ、痒みや痛みのためにしきりに目を前足でこすたっり、目を物にこすりつける様子が見られることもあります。さらに症状が進むと涙や目ヤニが出てくるようになります。

診断

眼瞼を反転させて炎症が起こっているかどうか確認します。さらに炎症の程度、傷があるかどうかなどをチェックします。

結膜炎の治療

抗生物質の点眼薬で炎症を抑えます。感染症の場合はその治療も並行して行い症状によっては内服薬が処方されることも。

結膜炎の予防

ふだんから愛犬の目の様子に気を配り、お手入れで清潔にしておきましょう。

CATEGORY   目

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「目」の新着記事

新着記事をもっと見る