1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 寄生虫
  4. 犬鉤虫症[いぬこうちゅうしょう]

寄生虫

UP DATE

犬鉤虫症[いぬこうちゅうしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬鉤虫症の症状と治療、予防方法

解説

体長1~2cmの虫がおもに小腸にすみつき、重度の貧血や栄養不良を起こします。免疫力の弱い子犬やシニア犬では、命にかかわることも。感染犬の便から排出された鉤虫の卵が成虫になり、それを飲み込むことで感染します。

犬鉤虫症の治療

症状が軽いときは駆虫剤を投与し、腸炎の処置や栄養補給を行います。重度の貧血など、症状が重いときは、輸血を行うことも。

犬鉤虫症の予防

鉤虫の予防薬を使用します。また、排泄物はすばやく片づけ、犬の生活環境を清潔に。散歩中、ほかの犬の排泄物に近寄らせないよう注意しましょう。繁殖を予定しているメスの犬は、必ず交配前に体内に寄生虫がいないか検査を行い、感染していたら繁殖をあきらめるか、治療後に繁殖させましょう。

CATEGORY   寄生虫

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「寄生虫」の新着記事