1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 生殖器官
  4. 膣炎(メス)[ちつえん(めす)]

生殖器官

UP DATE

膣炎(メス)[ちつえん(めす)]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

膣炎(メス)の症状と治療、予防方法

解説

膣に細菌が感染して炎症を起こす病気です。ニオイや粘性の強いおりものが出る、膣が赤く腫れる、膣をなめるなどの症状があらわれます。交配や出産のときに感染することが多く、子宮内膜炎が膣まで広がったときにも、膣炎になります。

膣炎(メス)の治療

殺菌、消毒などで膣の洗浄を行うとともに、抗生物質などを投与します。

膣炎(メス)の予防

外陰部をお手入れで清潔に保ちましょう。すべてのメスがかかりやすいので、早期発見、早期治療のために定期的に健康診断を。

CATEGORY   生殖器官

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「生殖器官」の新着記事