1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 皮膚疾患
  4. 脂漏症[しろうしょう]

皮膚疾患

UP DATE

脂漏症[しろうしょう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脂漏症の症状と治療、予防方法

解説

体臭が強くなり、体がべとついて脂っぽくなります。また皮膚がひどく乾燥し、フケが増えることもあります(乾性脂漏症)。ホルモンの異常、食事中の脂肪分の不足、ミネラルやビタミンの不足、アレルギー、寄生虫の感染など、さまざまな原因で発症します。

原因

内分泌の異常、アレルギー、皮膚寄生虫感染、栄養バランスの偏りなどにより、皮膚の新陳代謝が極端に速くなることが原因です。

症状

油性脂漏症と乾性脂漏症があります。油性脂漏症は皮膚を触るとベタッとして、異臭を伴うこともあります。乾性脂漏症はさらっとしたフケが多く見られ、被毛も乾燥してツヤが失われてきます。どちらも、悪化すると、皮膚の赤味や痒み脱毛などが見られ、さらに皮膚が硬化したり変色してくることもあります。

診断

脂漏症は皮膚の状態と正常よりも多いフケの量で判断します。

脂漏症の治療

薬用シャンプーを用いたり、食事の改善、ホルモン剤の投与などを行います。

脂漏症の予防

栄養バランスに優れた食事を与えることが予防につながります。

CATEGORY   皮膚疾患

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「皮膚疾患」の新着記事

新着記事をもっと見る