1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 皮膚疾患
  4. ぶどう膜皮膚症候群[ぶどうまくひふしょうしょうこうぐん]

皮膚疾患

UP DATE

ぶどう膜皮膚症候群[ぶどうまくひふしょうしょうこうぐん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぶどう膜皮膚症候群の症状と治療、予防方法

解説

免疫の異常によって起こる病気で、目のまわり、鼻、唇の皮膚の色が薄くなったり、赤くなったり、ただれたりします。秋田やシベリアン・ハスキーなどが発症しやすいといわれています。別名フォークト・小柳・原田病様症候群ともよばれます。ぶどう膜炎や、白内障、緑内障を併発することもあります。

なりやすい犬種

秋田やシベリアン・ハスキーな

ぶどう膜皮膚症候群の治療

免疫抑制剤などを投与しますが、治療は困難だといわれています。

ぶどう膜皮膚症候群の予防

予防策はありません。秋田やシベリアン・ハスキーの飼い主さんは、早期発見のために愛犬の皮膚の状態に気を配りましょう。

CATEGORY   皮膚疾患

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「皮膚疾患」の新着記事

新着記事をもっと見る