1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 皮膚疾患
  4. 日光性皮膚炎[にっこうせいひふえん]

皮膚疾患

UP DATE

日光性皮膚炎[にっこうせいひふえん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日光性皮膚炎の症状と治療、予防方法

解説

強い紫外線に当たることで鼻の上部に炎症が起き、脱毛や皮膚の赤みが見られます。進行すると腫れたり潰瘍ができます。慢性化すると、まれにがん化することも。コリーやシェットランド・シープドッグなどの犬種に起こりやすいといわれています。

なりやすい犬種

コリーやシェットランド・シープドッグなど

日光性皮膚炎の治療

皮膚の症状によって抗生物質や炎症を抑える薬を投与します。また紫外線に当たらないようにします。

日光性皮膚炎の予防

できるだけ紫外線を避けることが予防につながります。特に紫外線の強い春から秋は、散歩の時間に考慮しましょう。

CATEGORY   皮膚疾患

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「皮膚疾患」の新着記事

新着記事をもっと見る