1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 皮膚疾患
  4. 天疱瘡[てんほうそう]

皮膚疾患

UP DATE

天疱瘡[てんほうそう]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天疱瘡の症状と治療、予防方法

解説

犬の自己免疫性疾患のなかでとくに多い病気で、鼻の周囲の脱毛やかさぶたに始まり、口のまわり、耳、足、陰部などに広がるのが一般的な症状です。脱毛だけの場合、かゆみはあまりないようですが、かさぶたがはがれると、その部位が化膿して痛みを伴います。紫外線が関係しているといわれ、ビション・フリーゼなどの白い毛の犬に比較的多いようです。

なりやすい犬種

ビション・フリーゼなどの白い毛の犬

天疱瘡の治療

診断そのものが難しい病気で、確立された治療法はありません。症状を改善するため、ステロイドや免疫抑制剤などを投与します。

天疱瘡の予防

強い紫外線が発病に何らかの影響を与えていると考えられるので、紫外線を避けるよう注意することが予防につながります。

CATEGORY   皮膚疾患

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「皮膚疾患」の新着記事

新着記事をもっと見る