1. トップ
  2. 病気・症状データベース
  3. 皮膚疾患
  4. マラセチアによる皮膚炎[まらせちあによるひふえん]

皮膚疾患

UP DATE

マラセチアによる皮膚炎[まらせちあによるひふえん]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マラセチアによる皮膚炎の症状と治療、予防方法

解説

脂漏症などが原因で皮膚に分泌された皮脂に、マラセチアというカビの一種が感染して増殖し、皮膚に炎症を起こす病気です。マラセチアは脂っぽい皮脂や耳アカを好むため、耳に感染して外耳炎を起こすケースも多いです。

原因

マラセチアは常在菌といってどんな犬の皮膚にもいるカビの一種です。健康な犬の皮膚では問題になりませんが、皮脂の多い体質の犬や皮膚炎があったり、栄養の偏りや加齢やストレスなどで皮膚の抵抗力が落ちて皮脂が多い状態が続くと異常に繁殖して、皮膚炎をおこしたり悪化させてしまいます。

症状

皮膚が赤くなり、ベタベタした状態になってきます。痒みを伴ったり、独特のにおいが気になるようになることもあります。慢性化すると脱毛が進み、皮膚が黒ずんだり、皮膚が厚くなったりします。

診断

耳垢やフケなどを顕微鏡で観察して、マラセチアを確認します。

マラセチアによる皮膚炎の治療

原因となっている病気の治療を行うとともに、抗真菌薬などを投与します。

マラセチアによる皮膚炎の予防

ブラッシングなどのお手入れをまめにし、清潔に保つことが予防になります。

CATEGORY   皮膚疾患

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「皮膚疾患」の新着記事

新着記事をもっと見る