1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 見た目は違っても意外と近い?犬種のルーツが面白い

犬が好き

UP DATE

見た目は違っても意外と近い?犬種のルーツが面白い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブサカワ犬の代表格「パグ」とスイスの犬として有名な「セント・バーナード」、この2つの犬種のDNAは近しい存在であるそうです。今回は、意外な犬種のルーツについてご紹介します。

意外にもパグとセント・バーナードはDNAが近い

見た目は違っても仲間?意外な犬種のルーツ パグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

パグとセント・バーナードはDNAが近い犬種であることがわかっていますが、それぞれ小型犬と超大型犬で、体高差は約3倍もあります。

DNAが近い犬種同士なのに、どうして見た目が大きく異なるのか疑問に感じませんか?

この理由は、人が犬の交配を繰り返し行なっていく過程で、とりわけ容姿に変化のあった犬種を貴重がって新しい犬種として残していった結果で、「容姿が変わりにくい遺伝子」をもった犬よりも「容姿が変わりやすい遺伝子」をもった犬が交配されて、世代を重ねたからだといわれています。

パグとセント・バーナードのルーツは「牧畜犬」が共通点

見た目は違っても仲間?意外な犬種のルーツ セント・バーナード
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

それぞれの特徴をみていきましょう。パグは体重6.3〜8.1kgの小型犬で、顔のシワと鼻ぺちゃが特徴です。ルーツは中国あるいは古代ローマ生まれといわれていましたが、DNA解析の結果では意外にも「牧畜犬」のルーツをもつ犬種ということがわかっています。

セント・バーナードは、スイス原産の体重51〜91kgとなる大型犬で、寒さに強いところが特徴です。ルーツは、救助犬として活躍していた短毛の犬に、ニューファンドランドを交配して作られた犬種で「牧畜犬」のグループに分けられます。

2つの犬種、共通しているのは「牧畜犬」のルーツです。

牧畜犬といえば、ラフ・コリーやシェットランド・シープドッグが有名で、人間による盗難や捕食動物から放牧している羊などを守るために、群れの誘導や見張りをする訓練をされた犬のことをいいます。

犬種のルーツを調べてみると面白い

見た目は違っても仲間?意外な犬種のルーツ ラフ・コリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

DNA解析から、パグとセント・バーナードのルーツを推測すると、パグは中国生まれの短頭種がヨーロッパ生まれの牧畜犬と交配を重ねた品種で、セント・バーナードは祖先の短毛犬が牧畜犬のルーツだったのかもしれませんね。

犬種のルーツから性格や特徴、かかりやすい病気の傾向などを知っておくと、しつけや健康維持にも役立ちます。愛犬の犬種の歴史やルーツを調べてみてはいかがでしょうか?

パグとセント・バーナードは実は同じ仲間!? 犬種のルーツが意外すぎる


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る