1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. チワワの飼い主269名に聞いた! 愛犬の好きなところ、迎え入れた理由、感動エピソードにほっこり♪

犬が好き

UP DATE

チワワの飼い主269名に聞いた! 愛犬の好きなところ、迎え入れた理由、感動エピソードにほっこり♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月1日は「犬の日」というのをご存じですか?
いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、2020年7月29日〜8月11日の期間で「犬の日企画 犬の好きなところアンケート」を実施。2,711名ものたくさんの方たちにご回答いただきました。

笑顔のチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬を迎え入れたワケや、愛犬の性格・好きなところ、次に飼いたい犬種はなにかなど…飼い主さんたちにいろいろとお話を聞いてみることに。

この記事では、犬種別でチワワを飼っている飼い主さん269名の声をご紹介します。

Q.愛犬の飼育頭数は何匹?

愛犬の飼育頭数は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

チワワの飼い主さんに飼育頭数を聞いたところ、「1頭(72.9%)」が最多で、多頭飼いをしている方でも「2頭(20.1%)」という結果に。

Q.愛犬の性別は?

愛犬の性別は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

チワワの飼い主さんに愛犬の性別を聞いてみたところ、今回の調査ではオスを飼っている方が約6割という結果に。

Q.愛犬の年齢は?

愛犬の年齢は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

現在の愛犬の年齢の調査では、「9カ月〜3才(31.2%)」の成犬期前半の回答が最多でした。また、7才以上のチワワを飼っている方は37.6%で、シニア期の愛犬が多い結果に。

小型犬は7才からがシニア期といわれており、少しずつ老いが進んでくる時期。愛犬の健康のためにも、日頃から愛犬の体調管理をしっかり行うとともに、定期的に健康診断も受けるようにしましょう。

Q.愛犬の迎え入れ方法は?

愛犬の迎え入れ方法は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

チワワの飼い主さんに愛犬を迎え入れた方法を聞いてみると、「ペットショップ(69.9%)」がもっとも多い結果に。次いで、「ブリーダー(16.4%)」「譲渡(4.1%)」「保護団体(4.1%)」でした。

「その他」では、「実家の子が出産してそのうちの1匹」「友達の知り合いの家で子犬が生まれ引き取り手を探していた」「ブリーダー宅前に捨てられていた犬を引き取った」という回答も。

愛犬を迎え入れる方法は人によってさまざまですが、どんな迎え方であれたくさんの愛情を注いで、幸せにしてあげたいですよね。

Q.愛犬の飼育環境は?

愛犬の飼育環境は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

飼育環境の調査では、チワワの飼い主さんの98.9%の方が「室内飼育」と答えました。

小型犬は暑さや寒さに弱く屋外飼育に向いていないので、基本は室内飼育が推奨されており、屋外飼育だと、脱走の恐れやノミやダニなどの寄生虫なども心配されます。
また室内飼いだと体調の変化に気づきやすいという点も。
小型犬に限らず、愛犬が快適に暮らせるように環境を整えてあげたいですね。

Q.愛犬を迎え入れた理由は?

愛犬を迎え入れた理由は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

愛犬を迎え入れた理由については、「運命を感じたから(42.4%)」がもっとも多い結果に。次いで、「見た目が好きだから、気に入ったから(18.2%)」「その他(11.9%)」「好きな犬種だから(10.8%)」という理由が続きました。

「その他」の回答では、以下のような理由が寄せられています。

・「子どもが気に入ってしまったから」

・「初代の犬に似ていて家族として迎え入れたかったから」

・「譲渡サイトで一昨年旅立ったワンコにそっくりだったので」

・「何度もペットショップに足を運んでいた両親が一目惚れしたので」

・「自分と同じ誕生日だなぁと思いながら見ていたら店員さんに抱っこを勧められて、完全に惚れてしまった」


自分以外の家族が気に入って迎え入れることを決めた人や、先代犬に似ていたからという理由で迎え入れることを決めた人もいるようですね。

Q.愛犬の性格は?

愛犬の性格は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

今回の調査でチワワの飼い主さんに「愛犬の性格についてどう思いますか?」という問いを投げかけたところ、多かった項目は「甘えん坊」「臆病」「警戒心が強い・用心深い」「寂しがりや」「活発」でした。
一方で、「落ち着きがある」「従順」「忠誠心がある」「負けん気が強い」「わがまま」という項目への回答は少ない結果に。
性格に個体差はありますが、チワワは一般的にとても活発で、勇敢で負けん気の強い面もあるといわれています。また、甘えん坊で自己主張が強いため、甘やかしているとわがままになりがちともいわれていますので、子犬の頃からのしつけが大切です。

体の小ささゆえに、神経質で臆病なところもあるようです。苦手なものが多くならないように、日頃から褒めながらいろいろなことに慣れさせるといいですね!

※調査結果はあくまで飼い主さんが感じる愛犬の性格についてで、個人の感想です。

Q.愛犬の好きな体の部位は?

愛犬の好きな体の部位は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

愛犬の好きな体の部位の調査では、「目(55.8%)」が圧倒的な人気でした。チワワのあのウルウルとした瞳…たまらなく可愛いですよね! 次いで、「後頭部(7.4%)」「肉球(5.9%)」「その他(5.2%)」という結果に。

ちなみに、今回の「犬の好きなところアンケート」調査全体で見てみると、「後頭部が好き」と答えた方が3.7%に対し、チワワの飼い主さんは、チワワの後頭部に魅了されている人が多いのかもしれません。

「その他」の回答では、「おでこ」「足の肉球の間」「全体のシルエット。しっぽの部類でしたらすみません。横から見ると扇のような形になっていてフリフリなっているから(多少長さはトリミングで整えていますが)」などの回答もありました。

Q.思っていたよりも愛犬は飼いやすい? 大変?

愛犬は飼いやすい? 大変?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

チワワの飼い主さんに、「愛犬との暮らしを振り返り、愛犬を飼う前と比べて気持ちの変化はどちらが近いか」を聞いてみたところ、約6割の方が「思っていたより飼いやすい」と感じているようです。

「思っていたより飼いやすい」と思ったワケは?

見つめるチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「思っていたより飼いやすい」と答えた人からは、以下のような理由が寄せられています。

・「ペットを飼う経験がなかったので、不安がとても大きかったが、飼育環境にも恵まれている(相談できるブリーダーの存在や信頼できる動物病院に巡り合えたこと)ため、不安よりも幸福感が大きい」

・「初めて犬を迎え、もちろん最初は何も分からず大変さが勝っていましたが、約2年近く共に生活する中で愛犬の1つ1つの仕草や行動にもメッセージや理由があり、飼い主側にも原因がある場合も。表情も豊かなので、理解できたら判断し対応するのが楽しくなってきたからです」

・「気持ちを理解してあげられるのか?心配していたけれど。表情が豊かだし、行動が分かりやすくて、何をしたいのか?してほしいのか?きっと、こんなことを考えてるのかな?と思える!」

・「トイレトレーニングなどもちろんまだ完璧ではありませんが、失敗した時の状況を冷静に考えると人間側で防げることもあり、子犬なりの理由があることがわかった時に『賢いなぁ~』と思います」

・「大変と思う事もありますが、それ以上に可愛くて可愛くて仕方ないので、大変さは吹っ飛んでしまいます」

・「毎日行くお散歩や、経済面で大変かと思っていました。でも、お散歩は、毎日行く事で自分の健康面で運動不足の解消になりました。経済面では、保険に入ったら、あまりお金がかかりませんでした」


最初は不安もあったり、しつけなどで苦労した飼い主さんも多くいらっしゃいましたが、それ以上に愛犬と一緒に過ごせることに喜びや幸せを感じているという声が聞かれました。

「思っていたより飼うのが大変」と思ったワケは?

見つめるチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

一方で、「思っていたより飼うのが大変」と答えた人からは、以下のような理由が寄せられています。

・「体調が悪い時など言葉が話せず、表情や行動で判断しなくてはいけないから」

・「小型犬でも散歩は必要で朝夕に行っているし、エサもドライフードには飽きるのでトッピングをしている。何より犬中心で生活が回ってる」

・「病気になったときは精神的にも金銭的にも参ったし、外出するときは早く帰らなきゃと遠出できなくなった」

・「持病があり発作を起こさないか毎日心配の連続」

・「抜け毛のシーズンの時の部屋の掃除が大変」

・「元気なパワーに自分の体力が追いつかないです(笑)」

・「でかけるときに連れていってアピール。帰ってきたら嫌がらせのマーキングの嵐。帰ってきたら床掃除が大変です」


毎日のお世話に加え、愛犬が体調不良になったときは、言葉が話せないので表情や行動などで判断しなければならないことに不安を感じている人も。愛犬が健康に過ごせるためには、日々の体調管理の大切さを実感した飼い主さんの声も聞かれました。

Q.もし次に飼うとしたら飼いたい犬種は?

もし次に飼うとしたら飼いたい犬種は?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)
いぬのきもちWEB MAGAZINE

「もし次に飼うとしたら迎え入れたい犬種」について飼い主さんに聞いてみると、約半数の人が再びチワワを迎え入れたいと考えていることがわかりました。次いで、「保護犬」を考えている人も多いようですね。

なぜチワワ?

あくびをするチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「次に飼うとしたら再びチワワ」と答えた人からは、以下のような理由が寄せられています。

・「先住犬も今の愛犬も大好きなチワワだから、それ以外は考えられない」

・「チワワの魅力にどハマりしたから」

・「やはりチワワが大好きだから。見た目かな」

・「チワワ独特の可愛さと賢さが気に入っているので」

・「この子(今飼っている子)を飼ってみて可愛さを知り、また飼うならチワワにしたいとおもう」

・「マンションで中型犬までしか飼えないことや同じ犬種が良いと思うため」

・「チワワは実際に飼ってみてとても飼いやすいと思うから」

・「同じ犬種の妹分を迎えてあげたいので(勿論、相性をみてからですが)」


実際にチワワを飼ってみて、チワワの魅力に気づいてしまったという人が多いようですね!

なぜ保護犬?

また、「次に飼うとしたら保護犬」と答えた人からは、以下のような理由が寄せられています。

・「犬種を問わず譲り受けた生命を大切にしたい」

・「今の子が居なくなったら多分飼わないと思うが、もし飼うならば少しでも幸せな犬生を過ごしてもらいたいから」

・「保護犬の活動に興味があるから」

・「犬を飼うようになって、昔より保護犬のことを知ったので」

・「テレビで身勝手な理由で飼育放棄し捨てられているワンちゃんがたくさんいると知り役に立てればと思ったから」

・「犬という生き物が好きなので、犬種に拘りがありません。ただ、愛されて生きるべきはずの命が、人の都合で絶たれるのだけはあってはならないし、許される事でもないと思っています。個人が責任もって迎えられる(救える)命の数は、本当にわずかではありますが、それでもひとつでも救われるのであれば、私は保護犬を迎えたいです」

・「理由はともあれ、人間の都合で保護犬になってしまった子の個性を重んじながら愛情を持ってお世話や躾をして、家でも社会でも幸せな犬生を過ごしてほしいと思う」


犬を飼ったことで、保護犬たちの現状知る機会が増えた人もいるようです。1頭でも多くの犬が幸せに暮らせるように、次は保護犬を迎え入れることを検討している人も多いようですね。

Q.愛犬の好きなところは?

ダンボールの中に入るチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チワワの飼い主さんに、「愛犬の好きなところはどんなところか」を聞いてみると、次のような回答が寄せられました。

・「笑った顔が可愛い!暴れん坊だけど、めちゃくちゃ可愛い!」

・「目で訴えてくるところがかわいい」

・「可愛くて賢くて全部が大好き!!」

・「ツンデレなところ。自分が甘えたい時以外は無視する」

・「嬉しそうな穏やかそうな顔。私を見つめる時がすごく可愛く癒される。いつも寄り添ってくる」

・「喜怒哀楽がはっきりしている一方で、予想外の行動を見せ家族の気持ちを和ませてくれている。大いに癒してくれています」

・「とにかく甘えん坊!どこかしら触れるように座って、ナデナデ要求。私がいなきゃダメなんだなといつも再認識させられます!」

・「おやつの名前だけはすぐに覚えるところ」

・「帰宅した時に尻尾を振りながら私の手に抱きついてくるところ。まだ子犬なので一生懸命すぎて可愛い。あと、首を傾げる仕草も可愛いです」

・「出かけようと準備していると、ずっと足元に付いて回るところ。抱っこしてほしいときには、抱っこしやすいように体を近づけてくるところ。他所の人に会っても吠えずにシッポを振って愛嬌を振りまくところ。子どもにも、嫌な顔せず近づいて撫でさせてあげるところ。寝始めは、私の周りで寝ようとするところ」


みなさん、愛犬にメロメロなようですね♪

Q.愛犬への”ありがとう”エピソードは?

おもちゃで遊ぶチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

「愛犬と暮らしていて『飼ってよかった』と思える感動エピソード」では、次のような素敵なエピソードが寄せられています。

・「辛くて泣いてるときに、顔を舐めて膝の上に乗っていてくれた」

・「家族と話題が増えたり近所の人や散歩中に知らない人と会話が増えた。一人っ子の息子によい影響を与えており、兄弟のように過ごせている。犬も泊まれる宿に行ったり楽しんでいるし、毎日の散歩がよい運動になっている」

・「仕事で疲れていたり、悲しくて辛いことがあっても、愛くるしい彼の笑顔を見るだけで嫌な気持ちを忘れさせてくれます。しっぽをふって駆け寄ってきてくれる時など、本当に幸せな時間です。我が家に来てくれてありがとう。ずっと一緒にいたい」

・「子供のように愛らしく、飼い主に全力で甘え頼ってくる姿は、自分の癒しであり活力です。 持病の発作で幾度となく死を覚悟する瞬間もありましたが、必死に闘って無事に6歳の誕生日を迎えられる事が心から嬉しいです」

・「小学校高学年の息子が積極的にお世話をしてくれてます。難しい年頃に差し掛かる時なので、犬を通して精神的に豊かになってきたと感じています」

・「もともと世話好きな性格だと思っていた先住犬が、新入り犬に寄り添って、一緒に遊んだり優しく見守ってくれる。嬉しそうに仲良くしている愛犬たちを見ると、安心するし、とても癒されます」

・「命の大切さを子供に教えてくれた。寄り添う優しさを与えてくれた。いろんな意味で、本当に一言では語り切れないほどたくさんのものを私たちに与えてくれています」

・「子供の発作が起きた時に側で見守ってくれたので、心細さが和らいで嬉しかったです」


ただそばにいてくれるだけで癒されたり安心したり、いろいろなことを教わったりと、愛犬の存在に感謝している人が多いようですね。

寝転がるチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チワワを飼っている飼い主さんにいろいろな質問に回答していただきましたが、いかがでしたでしょうか? この記事内では残念ながら、いただいた素敵なエピソードをすべてご紹介できませんが…みなさんの声を見ていると、愛犬に対する熱い思いがよく伝わってきました。

見つめるチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

この記事のコメント欄でも、ぜひ愛犬についてのコメントを記入してみてください!
みなさんで愛犬の好きなところについて盛り上がりましょう!

今回の「犬の日企画 犬の好きなところアンケート」にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました♪

―――
・アンケート名称:【いぬ・ねこのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査
・アンケート実施期間:2020年7月29日~8月11日
・回答方法:WEB、いぬ・ねこのきもちアプリ
・総回答数:2,711名(うちチワワの飼い主さん269名)
―――

※アンケートコメントはあくまで個人の感想です。
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/宇都宮うたこ

▼参考記事はこちら

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る