1. トップ
  2. 犬図鑑
  3. 小型犬
  4. 飼い方
  5. チワワの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

小型犬

UP DATE

チワワの特徴と性格・飼い方・価格相場など|犬図鑑

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

チワワ

チワワ

英語名
Chihuahua
原産国
メキシコ
サイズ
小型犬
グループ
愛玩犬
  • チワワ
  • チワワ
  • チワワ

この記事の監修

チワワの特徴

世界最小といわれる小さな体ウルウルとした愛らしい瞳、アップルヘッドといわれるリンゴ形の頭が魅力のチワワ。体重は3kg以下で、小型犬のなかでも「超小型犬」といわれます。被毛のタイプにより、なめらかな短毛のスムースチワワ(スムースコート、ショートヘアー)と、やわらかい長毛のロングチワワ(ロングコート)に分けられます。

チワワの飼いやすさ 各項目の数値が大きいほど飼いやすい傾向

※参考『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

チワワの性格

チワワは動きが機敏で、とても活発です。また、愛らしい見た目とはうらはらに、勇敢で負けん気の強い面があります。飼い主さん家族には甘えん坊ですが、自己主張が強いので、甘やかしているとわがままになりがち。子犬の頃から、しっかりしつけることが大切です。
また、体の小ささゆえ、神経質で臆病なところもあります。苦手なものが多くならないよう、ほめながらいろいろなことに慣れさせましょう。

チワワの大きさ

オス・メスともに体高18cm前後、体重500g~3kgほどと、世界で最も小さい純血種であり、小柄ながらも引き締まったボディをしています。アップルヘッドと呼ばれる丸みのある頭部が特徴的です。

体高:18cm前後/体重:500g~3kg

※体高:地面から首と背中の境目付近までの高さで、人の身長に相当するもの。

チワワの毛色の種類

チワワの被毛の色は、マール・カラー以外のすべての色調および組み合わせが認められており、おもなものにはクリーム、ブルー、フォーン&ホワイト、ブラック&タン、レッド&ホワイトなどがあります。
被毛は、光沢がかった短い毛が密生しているスムースコートと、長くやわらかい毛で飾り毛が美しいロングコートの2タイプがあります。

チワワ
チョコレート&タン/スムースコート
チワワ
クリーム&ホワイト/ロングコート

チワワの心配な病気

・脳に水がたまってしまい、ふらつきや痙攣などの神経症状が起きる「水頭症」
・口の中に歯垢がたまり、歯ぐきやあごの骨が炎症を起こす「歯周病」
・肺への空気の出し入れを行う気管が途中でつぶれて呼吸ができなくなる「気管虚脱」
・犬の皮膚に寄生する真菌(マラセチア)が増殖し、皮膚がべたつき、赤く腫れる「マラセチア皮膚炎」
・心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁がしっかりと閉まらなくなる「心臓疾患(僧帽弁閉鎖不全)」
・脳の構造には異常がないにもかかわらず、けいれん発作が突然起こる「てんかん」
・体が小さいから子犬が生まれにくい「難産」
・細菌感染や肛門のうが詰まって炎症が起こる「肛門のう疾患」
・足の付け根(鼠径部)にある隙間が広がって、内臓が外に押し出される「鼠径ヘルニア」
・膝の皿の骨が正常な位置から外れる「膝蓋骨脱臼」
・頭のちょうど真ん中にある泉門が成犬になっても閉じずに開いたままになっている「泉門開存」

チワワの迎え入れ方と価格

愛犬の迎え入れ方にはペットショップ、ブリーダーから、保護犬などさまざまな方法があります。例えばペットショップで購入する場合だと、下記のような価格相場です。

価格31万円~

※ペットショップのウェブサイトを編集部で調査(2021年2月)

チワワの飼い方

ポイント(1)気分転換に軽い散歩へ

⼩型⽝なので運動量は室内で遊ぶ程度でも⾜りますが、気分転換や外気浴を兼ねて、軽い散歩をするとよいでしょう。また、活発で⽢えん坊な⽝種なので、室内でもおもちゃで遊んだり、抱っこをしたりして、充分にコミュニケーションをとりましょう。

ポイント(2)甘やかさずにしつけをしっかり

体が小さいからといって、甘やかしてしまい飼い主さんや社会に迷惑となる行動を見過ごしてしまうのは禁物です。甘やかしていると犬がわがままになり、うなる・噛むなどの問題行動を起こすようになることも。
厳しく接する必要はありませんが、ほめるしつけを取り入れ、不適切な要求には毅然とした態度でダメと伝え、痛がるお手入れなどはおやつなどを与えてほめながら少しずつ慣れさせましょう。

ポイント(3)思わぬ事故を防ぐ工夫を


チワワがとくに気をつけたい病気の一つに、膝蓋⾻脱⾅などの関節トラブルがあります。滑りやすいフローリングの床を⽇常的に⾛り回っていると、関節に⼤きな負担がかかり、発症リスクが⾼まり ます。⽣活スペースは、滑りにくい床材を選びましょう。
また、⼩型⽝は家具のすき間などの狭い場所に⼊り込むことがあります。出られなくなりそうな場所や危ない場所には仕切りなどを設置して事故の予防を。とくに留守番をさせるときは、サークルやケージなどに⼊れ、安全な環境で過ごさせましょう。

ポイント(4)まめなブラッシングと定期的なシャンプーを

スムースコートは、ラバーブラシでまめにブラッシングし、抜け毛を取り除きましょう。
ロングコートは、獣毛ブラシやピンブラシを使い、毎日ブラッシングし、抜け毛を取り除くとともに毛玉の予防を。とくに、耳やしっぽ、足の飾り毛が細く絡まりやすいため、先端から少しずつほどくように丁寧にとかしましょう。
また、どちらのタイプも定期的にシャンプーして、皮膚・被毛を清潔に保ちましょう。

ポイント(5)粒が小さく飲み込みやすいフードを

主⾷には、フードと⽔のみで栄養のバランスがとれるように作られている、総合栄養⾷を与えましょう。総合栄養⾷の中でも、チワワのような超⼩型⽝には、粒が⼩さいもの、飲み込みやすいものを選ぶのがおすすめです。フード周りの細かな粉がフードを飲み込みにくくすることもあるので、フードに⽔を絡めてもよいでしょう。
また、チワワは、膝蓋骨脱臼などの関節トラブルに配慮が必要なことから、関節をサポートする成分を配合したフードを選ぶのも⼀案です。
⼩型⽝は小食・偏⾷も多く⾒られます。おやつの与えすぎに注意する、運動でしっかりエネルギーを消費させるなど⽣活全般を整えるとともに、さまざまなフードを試して愛⽝の好みのフードを⾒つける、トッピ ングで⾷欲増進をはかるなどの⼯夫を。

チワワとあわせて読みたい犬の種類

チワワに関連する記事

チワワに関するQ&A

チワワのかわいい画像や動画の記事

いぬのきもち投稿写真ギャラリー
2匹のチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
チワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

チワワの歴史や背景

チワワの起源には諸説ありますが、9世紀頃メキシコのトルテカ族が飼っていた小型犬テチチが祖先という説が有力です。犬名の由来にもなったメキシコのチワワ州で発見された基礎犬が19世紀半ばにアメリカへ渡り、さらに小型化されて現在の姿になりました。ロングコートが登場したのは20世紀初頭です。
日本では戦後間もない頃、おしゃれな女性を紹介した週刊誌の記事に登場して大人気に。現在もジャパンケネルクラブ(JKC)の登録頭数で毎年上位にランクインしている人気犬種です。

監修:ヤマザキ動物看護大学講師 福山貴昭先生 (危機管理学修士)
参考:『日本と世界の犬のカタログ』(成美堂出版)

飼い主さん調査 チワワは飼いやすい?

「いぬのきもちアプリ」ユーザーの、チワワの飼い主さんに、実際に飼ってみてどう感じたかをアンケート調査しました。
※この調査は飼い主さんの主観によるものです。また犬の性質は同じ犬種でも個体によって異なります。

愛犬は飼いやすい? 大変?
【いぬのきもちWeb】犬の日企画 犬の好きなところアンケート調査(2020年7月実施)回答者数 269人
いぬのきもちWEB MAGAZINE

■思っていたより飼いやすい

  • 「毎日行くお散歩や、経済面などが大変かと思っていましたが、お散歩は毎日行くことで、自分の運動不足の解消になりました。経済面では、ペット保険に入ったら、あまりお金がかかりませんでした」
  • 「小さいので室内で飼いやすい。トイレを失敗してもお手入れしやすい。また、ケージでのお留守番が上手なので、家に誰もいないときもトラブルが起きず安心」
  • 「あまり吠えないので、マンションでも安心して飼える」
  • 「チワワは吠えるとよくいわれますが、うちの子はまったく吠えず、言葉を理解して従ってくれる」
  • 「トイレトレーニングをすんなり覚えたところ」
  • 「すごくお利口さんで、話しかけると一生懸命に見つめて、話を理解しているように思います」
  • 「昔からいろんな犬種を飼ってきましたが、チワワは体が小さくて抱っこもしやすいし、かわいいし、お世話もしやすいので楽だなと思います」
  • 「飼い始めて2~3カ月の頃は、トイレの失敗やイタズラなどで悩みましたが、今となってはそんなことも忘れ、病気もなく健康に過ごせているから」

■思っていたより飼うのが大変

  • 「ゴハンをなかなか食べてくれない」
  • 「当たり前のことですが、おしゃべりできないので、体調不良になったり機嫌が悪かったりすると心配になります。いい子なんですが、急になでられると嫌がり、ガウッと怒ることが何度かありました」
  • 「毛の抜け方がすごい」
  • 「病気になったときは精神的にも金銭的にもまいったし、外出するときは早く帰らなきゃと遠出できなくなった」
  • 「持病があり、発作を起こさないか毎日心配の連続」
  • 「愛犬の元気なパワーに、自分の体力が追いつかないです」
  • 「思っていたよりお金がかかる。服などをついつい買ってしまう。トリミング代も人以上」
  • 「あまり大きくならないと思っていたら、結構よく食べる子で、体重管理が大変です」

「思っていたより飼いやすい」と回答した飼い主さんからは、「体が小さくお世話やお手入れがしやすい」「無駄吠えしない」といった声が多数よせられました。一方「思っていたより飼うのが大変」と回答した飼い主さんからは、「病気になったときのケアが大変」という意見が。愛犬が病気になると、精神的にも金銭的にも負担を感じるかたが少なくないようです。

チワワの飼い主さんアンケート結果はこちら!

CATEGORY   小型犬

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「小型犬」の新着記事

新着記事をもっと見る