1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 雑学・豆知識
  4. 新型コロナに関する犬猫調査
  5. 飼い主が思う「犬友がいてよかったこと」 新型コロナウイルスの影響で関係性に変化も…?

犬が好き

UP DATE

飼い主が思う「犬友がいてよかったこと」 新型コロナウイルスの影響で関係性に変化も…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お散歩などで顔見知りになったりと、犬を飼っていると「犬友」ができたりしますよね。飼い主さんの本音を調査!

約6割の飼い主さんが、「犬友」がいると回答!

いぬのきもちWEB MAGAZINE 「犬飼いあるある」に関するアンケートvol.09
いぬのきもちWEB MAGAZINE 「犬飼いあるある」に関するアンケートvol.09 308件の回答

今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん308名に「あなたには『犬友』がいるか」というアンケート調査を実施したところ、約6割の飼い主さんが「いる」と回答しました。

そこで飼い主さんたちに、「犬友がいてよかったこと」についてお話を聞いてみると、次のような声が寄せられました。

交流ができて楽しい

仲良しな犬たち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

・「引っ越しをして周りに友人がいなかったのですが、犬のお散歩で公園に行くとワンちゃん連れの方がたくさんいて、そこから仲良くなり知り合いがたくさんできました!」

・「犬がいなければ触れ合うことがなかった人たちと会話を楽しむ事ができる」

・「ワンちゃん同士相性はあるけれど…仲良しのワンちゃんが居ると、ワンちゃん同士も楽しそう! 飼い主も一緒に散歩したり、色々と情報を教えて貰えたりと助かります!」

・「子育てと同じで気晴らしができる」

・「犬同士や飼い主どうしが触れ合ったり挨拶などができる」

・「犬同士の交流、犬と飼い主との交流、飼い主同士の交流の時間がとても楽しい。『最近どう?』とお互いに話のきっかけになっている。犬同士の社会性が身につくだけでなく、私自身の人と関わる力が身についているように感じる」

・「お散歩が楽しくなったし色々お話しができるようになった。一番はわが子が他のわんちゃんに会うと大喜びする事が嬉しいです」

・「ワンコは単なるペットではなく家族、という同じ価値観で安心してワンコのことが話せるのは嬉しいです」


愛犬が友だちと会えて楽しそうにしている姿に喜びを感じるという声や、飼い主さん自身もほかの飼い主さんと交流ができて楽しいというような声が寄せられています。

情報交換や相談ができる

じゃれ合う犬たち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

・「愛犬が楽しそうに犬友と遊んでいて楽しそうでよかったな~と思います。犬のことについて犬友に相談できます」

・「フードの感想等を聞ける。動物病院の様子や評判を教えてもらえる」

・「同じ犬種の悩みなど分かち合えるところ」

・「色々相談したり、犬同士で、お互い学ぶこともできたり、お互いの家で何かあったときは、犬のお世話を頼めたりして、助かる」

・「犬種が同じで、うちの高齢保護犬に、共感や気にしてくれたりした。亡くなってしまったことを話した時は、涙声で悲しんでくれて、気にしてくれていたことに少し気持ちが軽くなりました」

・「愛犬の生まれが数日違いのお友達にはその時の成長段階を話し合えるし、先輩犬のお友達には先の事の相談ができる」

・「初めて犬を飼ったので色々アドバイスをもらえた」

・「ちょっとした不安が解消される。なんの躊躇もなく、犬に対する愛を話せる」


しつけやその犬種特有の悩みなどを相談できたり、フードや動物病院などの情報交換ができて助かっているというような声もありました。

なにかあったときに愛犬のお世話をお願いし合っているという声もあり、信頼できる犬友が近くにいる人もいるようですね。

新型コロナウイルスの影響で、「犬友」との関係に変化を感じている飼い主さんは約2割

いぬのきもちWEB MAGAZINE 「犬飼いあるある」に関するアンケートvol.09
いぬのきもちWEB MAGAZINE 「犬飼いあるある」に関するアンケートvol.09 308件の回答

また、「新型コロナウイルスの影響で、犬友との関係に変化があったか」という調査では、約2割の飼い主さんが該当する結果に。どのような変化があったのか、飼い主さんたちに具体的なお話を聞いてみました。

お互いに距離をとるようになったり、会う機会が減った

仲良しな犬たち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

・「散歩の際にマスクをしてないと、なんかイヤ」

・「一緒にお散歩に行ったり会うのがなくなった」

・「なるべく他の犬と一緒にならないような時間に散歩するようになった」

・「お散歩も一緒に行く機会が減った。家の行き来も自粛している」

・「公園で会ってもお互いマスクをし、立ち止まって挨拶程度で別れる事が多くなった」

・「前はみんなで密になって話したり遊んでいましたが、今はマスクをして歩きながら話す事が多くなりました」

・「違う県に住んでいるので、会えない」

・「やはり飼い主さんにも申し訳ないので、なんとなく撫でたり戯れちゃいけないと思うように。お互いに犬と共にソーシャルディスタンスを保つようになり、離れてご挨拶のみになりました」

・「以前はお散歩でたくさんのわんちゃんが集まっていましたが、集まれなくなった。お出かけもしばらくしていなかった」

・「会うというよりもLINEなどでのやり取りが増えた」

・「一緒にお散歩できない。会わせていない。もう少し待ってから、犬同伴カフェに行きたいと思っています」


感染リスクを避けるために、お散歩時でもほかの人と距離を取るようになったという声が多く聞こえました。今までと違うルートや時間帯で散歩をすることで、今まで挨拶していた犬友に会わなくなったり、会っても遠くから挨拶をするだけになってしまったなど、飼い主さん同士お互いに気を遣っているようですね。

仲良しな犬たち
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、コミュニケーションの取り方に変化があった人の声も聞かれました。

『いぬのきもちWEB MAGAZINEアンケート 「犬飼いあるある」に関するアンケートvol.09』(2020年11月実施)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ
構成/いぬのきもちweb編集室

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る