1. トップ
  2. 犬が好き
  3. 連載
  4. 犬ってホントは
  5. 「前の犬はイイコだったのに……」と言う人が多い理由|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.72

犬が好き

UP DATE

「前の犬はイイコだったのに……」と言う人が多い理由|連載・西川文二の「犬ってホントは」vol.72

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いぬのきもちWEB MAGAZINE」が送る連載、家庭犬しつけインストラクター西川文二氏の「犬ってホントは」です。
犬を飼っていたことがある人が新しい犬を飼うと、前の犬との違いが気になるものです。そんなときによくあるのが、「前の犬はできたのに、今度の犬はできない」と比較してしまうこと。その相談をよく受ける西川先生が、「犬のせいにしないで」と警鐘を鳴らします(編集部)


兄がいます。
いたずらばかりしていた私は、よく兄と比べられたものです。
通った小学校、中学校が同じだったもので、兄を知る教師から「兄貴はちゃんとしているのに、お前は……」ってよく言われました。
それぞれ同じ母親、父親から2分の1ずつ同じ遺伝子を引き継いでいるわけですが、それでも性格や行動は違う。
何の話を始めたかというと、前の犬はすぐ覚えた、おとなしかった、噛まなかった、「なのに、今度の犬はxx……」といった相談をよく受けるものでして。
そのときにいつも例に挙げる話のひとつなのです、この話。

実の兄弟でも違うのに、まして赤の他人なら

相談者には、上の話をした後に次の質問をします。
「兄弟姉妹はいますか?」と。
いると答えたら、「性格は同じですか?」と続けます。
すると、いると答えた方のすべてと言っていいほどが、「違います」って答えます。
そこそこ共通の遺伝子を持っている実の兄弟姉妹だって、そんなものです。
まして赤の他人なら同じなわけがありません。
以前飼っていた犬と今度の犬の母犬、父犬が異なれば、それは人間なら赤の他人。同じじゃないことをおかしいと考えることが、おかしい。
多頭飼いの飼い主は、先住犬のことを「お兄ちゃん」「お姉ちゃん」などと口にしますが、母親も違えば父親も違う(稀にそうとは言えないこともありますが)。同じわけがないのです。

同腹の子たちも性格や行動は違う。やんちゃなタイプ、押しの弱いタイプなどなど
Can! Do! Pet Dog School

前の犬はすぐに覚えたのに、今度の犬は覚えない

「今度の犬は頭が悪い」「今度の犬は叱ってもわからない」「今度の犬はじっとしていない」「今度の犬はトイレを覚えない」「今度の犬は噛んでくる」「今度の犬は……」
私はそうしたことを口にする飼い主には次のように答えます。

前の犬はたまたまそうだっただけ。ラッキーだったのですよと。
犬を選ばずに、好ましい行動を教えていける方法論が、現在においては確立しています。
それは当コラムで何回もお話ししている、叱ることを排除した学習心理学や行動分析学で確立されている理論を応用する方法です。
その方法論を飼い主が理解すれば家庭犬レベルの話であれば、犬は好ましい行動を必ず覚える。
重要なのは、前飼っていた犬と比較せずに、適切な方法論を飼い主が理解しその方法論に基づいて教えることなのです。

チワワだって、イタグレだって、ハスキーだって、JAHAの家庭犬マナーチャレンジ(家庭犬に必要な行動のチェック項目テスト)には合格できる
Can! Do! Pet Dog School

犬種のせいにもしない

犬種のせいにする人もいます。
チワワだから、ミニピンだから、イタグレだから、ハスキーだから、頭が悪い、しつけができない、覚えないなど。
犬のプロと呼ばれている人たちにも、そうした人たちが存在します。
確かに犬種には、その犬種特有の行動傾向がある。
しかし、家庭犬に必要な好ましい行動を教えるということに関しては、覚えるスピードおよびその理解度に多少の差はあれど、適切な方法論を飼い主が理解できれば必ず教えていけるのです。
教えられないのは、その方法論を知らない、理解できていない、だけです。
まずは「生まれつき」的な何かのせいにしない。それが何より重要なのです。
そういえば子どもの頃、兄貴との口喧嘩で「〇〇っていう人が〇〇なんだよ」って、よく言い合いました。まったくもってその通り。
犬のことを「〇〇っていう人が〇〇」。
まぁそういうことなのです。
※著者補足:〇〇には適当な言葉をお入れください。

文/西川文二
写真/Can! Do! Pet Dog School提供
https://cando4115.com/index.html

西川文二氏 プロフィール

公益社団法人日本動物病院協会(JAHA)認定家庭犬しつけインストラクター。東京・世田谷区のしつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表。科学的理論に基づく愛犬のしつけ方を提案。犬の生態行動や心理的なアプローチについても造詣が深い。著書に『子犬の育て方・しつけ』(新星出版社)、『いぬのプーにおそわったこと~パートナードッグと運命の糸で結ばれた10年間 』(サイゾー)、最新の監修書に『はじめよう!トイプーぐらし』(西東社)など。パートナー・ドッグはダップくん(16才)、鉄三郎くん(11才)ともにオス/ミックス。

CATEGORY   犬が好き

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬が好き」の新着記事

新着記事をもっと見る