1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 病気の兆候
  5. 腫瘍や貧血に気づけることも! 犬の「肉球の状態」でわかる異変のサイン

犬と暮らす

UP DATE

腫瘍や貧血に気づけることも! 犬の「肉球の状態」でわかる異変のサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬の肉球を見たり触ったりする機会があると思いますが、毎日観察することで、体調の異変に気づくこともできるそうです。

この記事では、犬の肉球の状態で気づける異変のサインについて、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

肉球の状態を見て気づける犬の異変のサイン

肉球を見せる犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——肉球の状態を見て、犬の体調について知ることができますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「できることもあります。まず、犬の肉球の通常の状態について知りましょう。

犬の肉球は黒色またはピンク色で、汗腺があるためしっとりしています。肉球の硬さについては、外などの固い地面を歩く頻度によって、個々で違います」

——病気のサインの可能性がある肉球の状態とはどのようなものでしょうか?

獣医師:
「肉球が腫れているときは、腫瘍や炎症の可能性が考えられます。肉球のピンク色がとても薄くなっているときは、貧血の可能性があるでしょう。

肉球がとても硬くなっているときは、まれにジステンパー感染症の可能性も考えられます」

眠るチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

——肉球を見て異変に気づける場合もあるというのは、ぜひ飼い主さんも日頃から見てあげたいですね。

獣医師:
「そうですね。毎日愛犬の肉球を観察することも、飼い主さんができる健康チェックです。『いつもと違うこと』に気づくことで病気の早期発見につながるので、とても重要です。

もし気になる症状があるときには、動物病院を受診しましょう」


(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る