1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 健康・病気
  4. 目の病気
  5. 犬が涙を流す理由|泣いているのではなく目の病気が原因かも!?

犬と暮らす

UP DATE

犬が涙を流す理由|泣いているのではなく目の病気が原因かも!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬も涙を流すことがありますが、その理由は人とは少し違うようです。犬の涙にはさまざまな原因が考えられますが、なかには目の病気が原因で涙を流すケースも。そこで今回は、「犬が涙を流す原因」について解説します。

犬の涙は「目の病気」のサインかも

パグのまるちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬にも「感情」があるとされていますが、犬が人のように“悲しくて涙を流す”というのは考えにくいです。犬が涙を流している場合、さまざまな原因が考えられますが、まずは「目の病気」を疑ってみましょう。
とくに、涙のほかに目をこする・気にするなどの症状や、目やにの量が急に増えたと感じるようであれば、目の病気にかかっている可能性が高いです。

涙の症状が見られる代表的な目の病気

ミニチュア・シュナウザーのうららちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ここからは、涙の症状が見られる代表的な犬の目の病気についてご紹介します。

涙染色症候群(なみだせんしょくしょうこうぐん)(涙やけ)

本来であれば鼻涙管を通り鼻へ排出される涙が、まぶたをこえてあふれ出してしまう目の状態です。長期間涙を流す症状が続くと、「涙やけ」と呼ばれる目の下の毛の変色を引き起こし、かゆみを伴います。
もともと涙が出やすい体質で涙やけができてしまう犬もいますが、ほかの目の病気やアレルギーなどが原因で涙やけになる場合もあります。

角膜炎

角膜(目の表面の透明な膜の部分)に外傷性の刺激が加わることで発症します。また、感染症など非外傷性のものもあります。
角膜炎になると、白目が充血する、涙や目やにが増える、しきりに目を気にするなどの症状が見られます。ほかの目の病気を併発する可能性もありますので、角膜炎が疑われる場合は早めに動物病院を受診しましょう。

結膜炎

まぶたの裏と眼球の表面を覆う粘膜(結膜)に炎症を起こし、赤く充血する病気です。アレルギーや細菌、ウイルス感染のほか、ほこりやシャンプーなどさまざまな原因により発症します。
結膜炎になるとかゆみや痛みを感じるため、まばたきが増え、目が開きにくくなり、細めるようなしぐさをすることがあります。放置すると炎症が広がる可能性があるので、早めに適切な治療を受けましょう。

ほかにもある!涙が見られる目の病気

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークのノアくんとお友達
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ほかにも、下記のような目の病気でも涙や目やにの症状が見られる場合があります。

眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)

まぶたが外側に向かってめくれてしまい、結膜の粘膜の一部が露出し、涙の量が増えたり目やにが出たりする病気です。先天性のほか、病気やケガによる顔面まひなどが原因で発症する場合もあります。

逆さまつげ

本来は外側に向かって生えるまつげが内側に向かって生えることで角膜を刺激し、涙や目やにが多くなる病気です。「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」を併発しているケースもあります。

ものもらい(マイボーム腺炎)

まつげのつけ根付近にあるマイボーム腺が炎症を起こし、まぶたの縁が赤く腫れあがってイボのような“できもの”ができるのが特徴の病気です。アレルギー体質の犬や、免疫力が弱まっている犬に多いといわれています。

犬の涙の原因には、目の病気が潜んでいる可能性があります。少しでも気になる症状があれば、早めに動物病院を受診しましょう。

参考/いぬのきもちWEB MAGAZINE 『獣医師監修|犬の涙の原因とは?考えられる病気と治療法、涙やけ対策を解説』(監修:獣医師 相模原プリモ動物医療センター第2病院勤務 清水悌二先生)
文/terasato
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る