1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 犬の耳が「ピーン」「ペタン」している時の気持ちは?耳の動きにも気持ちが表れている?!

犬と暮らす

UP DATE

犬の耳が「ピーン」「ペタン」している時の気持ちは?耳の動きにも気持ちが表れている?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛犬が耳をピーンとしていたり、ぺたんと寝かしていたりすることはありませんか?犬は耳の動きでもそのときの気持ちを表しています。今回は、獣医師の増田宏司先生にうかがったお話をもとに、犬の耳が「ピーン」としているときと、「ぺたん」としているときの気持ちについて解説します。

耳をピーンとするのはなぜ?

耳をピーンとしているコーギーのリアちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

気になる物音や飼い主さんの気配を感じたときなど、何かに興味を示したり、注意したりしているときに耳をピーンと立てることがあります。垂れ耳の犬の場合も、耳のつけ根が中央に寄せられたり、耳全体が持ち上がったりしているときは、耳がピーンとしているのと同様のしぐさです。

初めて聞く物音が聞こえたときや、音の正体を確かめようとしているときは、表情がこわばることも。反対に、大好きなおやつがもらえそうなときなどは、耳がピーンとするしぐさに加えて、口角が上がるなど明るい表情に。
耳がピーンとしているときは、表情やしっぽなどほかの部位とあわせて総合的に判断すると、どんな気持ちか読み解くことができるでしょう。

耳をピーンとしているときは指示しつけがおすすめ

耳をピーンとしている柴犬のロクくん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

飼い主さんに向かって耳をピーンとしているときは、犬の集中力が高まっているので、指示を聞きやすい状態にあります。そのため、そんなときは指示しつけの練習をしてみるのがおすすめです。

耳をぺたんとするのはなぜ?

耳をぺたんとしているコーギーのこゆきちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

愛犬が飼い主さんのそばにいるときに、耳をぺたんと倒して穏やかな表情をしていたら、それは「そばにいて落ち着くな~」といった信頼や友好の気持ちなどを表しています。
愛犬が耳をぺたんと寝かせながら飼い主さんを見上げるときは、「かわいがってほしいな」と思っている場合も。また、ほかの犬に向かって耳をぺたんとしているときは、相手に敵意がないことを伝えている場合もあるようです。

垂れ耳の場合は、耳のつけ根をよく見てみると動きがわかりやすいかもしれません。

耳以外の状態も合わせて気持ちを判断しよう

ふせをするマルチーズの小白くん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

耳をぺたんとするしぐさは、信頼や友好の気持ちを表現している場合が多いようですが、なかには緊張や恐怖を覚えている場合も。しっぽの動きや表情もあわせて、総合的に愛犬の気持ちを判断するようにしましょう。

犬のそのときの気持ちは、耳にも表れていることがわかりました。日頃からしっぽや表情だけでなく、耳の動きにも注目してみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2018年1月号『犬のオモシロ習性図鑑VOL.08 耳をピーン!とする』(監修:獣医師 獣医学博士 東京農業大学農学部バイオセラピー学科(伴侶動物学研究室)教授 増田宏司先生)
   「いぬのきもち」2018年11月号『犬のオモシロ習性図鑑VOL.18 お耳ぺた~ん♡』(監修:獣医師 獣医学博士 東京農業大学農学部動物科学科(動物行動学研究室)教授 増田宏司先生)
文/hare
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る