1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. しぐさ・生態
  4. 行動
  5. 放っておくと悪影響も? 犬が「退屈」と思っているときに見せるサイン|獣医師解説

犬と暮らす

UP DATE

放っておくと悪影響も? 犬が「退屈」と思っているときに見せるサイン|獣医師解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬は言葉を話せないので、飼い主さんは愛犬の気持ちやちょっとした変化などにすぐに気づいてあげたいもの。

この記事では、犬が退屈だと思っているときに見せるサインなどについて、いぬのきもち獣医師相談室の白山さとこ先生が解説します。

犬が退屈だと思っているときに見せるサイン

見つめる柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
——犬が退屈だと思っているとき、どのようなサインを見せていることがありますか?
白山先生:
「犬が退屈だと感じているときには、たとえば…
  • 足先の指や爪を舐めていたり、噛んだりする
  • おもちゃやケージなどを噛む
  • わざとイタズラをする
などのサインを見せていることがあるでしょう」

犬が退屈を感じやすいシーンは?

ニオイを嗅ぐ犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
——犬が退屈を感じやすいのは、どのようなときなのでしょうか?
白山先生:
「具体例をあげるとすると…
  • 長時間の留守番
  • 飼い主さんがいるのに、長時間かまってもらえないとき(リモートワーク時など)
  • 運動欲求が満たされない場合(散歩が短い、その犬に合った運動量に足りていない、など)
  • 飼い主さんとのコミュニケーションが足りていない(一緒に遊んでもらえない、アイコンタクトや褒めてもらえる機会が少ない、など)
などといったシーンですね」

退屈することによって、犬に悪影響が…?

おもちゃをくわえるトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
——退屈することによって、犬になにか悪影響が起こったりするのでしょうか?
白山先生:
「退屈な時間が長ければ長いほど、犬にはストレスが溜まっていきます。ストレスが大きくなると、犬の心や体の病気につながってしまうことがあるでしょう」

犬が退屈しないように、飼い主さんができる工夫は?

お散歩するウェルシュ・コーギー・ペンブローク
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
——犬が退屈しないように、飼い主さんは日頃からどんなことを意識すればよいでしょうか?
白山先生:
「たとえばですが…
  • 毎日一緒に遊ぶ時間をしっかりとつくる
  • 犬とのコミュニケーションを大切にする
  • その犬に合った運動欲求を満たすようにする
  • お留守番中にも犬が退屈しないよう、『事前にしっかりお散歩に行く』『遊んであげる』『留守番中にも安全なおもちゃを用意する』などの工夫をする
といったことを意識してみるとよいでしょう」
くつろぐミニチュア・ダックスフンド
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
愛犬が「退屈だな」と感じることのないように、飼い主さんは日頃から愛犬とのスキンシップなどのコミュニケーションも大切にしてあげてくださいね。
(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・白山さとこ先生)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る