1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 信頼できるホームドクターを見つけよう!動物病院のつきあい方

信頼できるホームドクターを見つけよう!動物病院のつきあい方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かかりつけだけでなく、いざという時の救急病院も把握しよう

予防接種や健診、突然の病気など、何かとお世話になる機会の多い動物病院。私たちの病院と同じように、動物病院にも一般病院(一次診療)と専門病院(二次診療)があります。専門病院については、難しい手術や高度医療が必要な場合に症状に応じて主治医が紹介してくれるので、把握しておく必要はありません。

しかし、長い付き合いになる一般病院に関しては、じっくりと見極める必要があります。また、一般病院のほかに探しておかなければならないのが、夜間や休日などに突然の病気や事故などが起こった時にお世話になる救急病院です。

ここでは、それぞれの病院の特徴と、選ぶ際に注目したいポイントを詳しくご紹介します。

定期的にお世話になるホームドクターの探し方

ワンちゃんを飼うに当たって、ワクチンの接種や定期健診は欠かせませんよね。ちょっとした病気やケガなどの時も、かかりつけがあれば安心です。まずは、主治医(ホームドクター)となる一次診療の病院を探しましょう。

家から近いのも大事

定期的に通うことを考えると、なるべく近いほうがよいでしょう。夏の暑い日や、ワンちゃんが病気やケガで苦しんでいる時などに、サッと連れて行けるのは便利ですよね。引っ越したばかりなどで、どの病院を選べばよいか迷った時は、まずは近くの病院に行ってみましょう。

一番のポイントは相性

ホームドクターには、ワンちゃんの健康状態を一生診てもらうことになります。ワンちゃんとの相性ももちろん大切ですが、やっぱり飼い主さんとの相性が重要ポイントです。

獣医さんと十分なコミュニケーションを取ることができれば、いざという時も慌てずに済むでしょう。そのためにも、しっかりと信頼関係を築ける獣医さんを選ぶようにしてください。

かかりつけの病院が休みの時に頼れる救急病院の探し方

突然の事故で一刻を争う状態になった時や、夜間や休日に容体が急変したなどにお世話になるのが、救急病院です。かかりつけだけでなく、緊急事態に備えて救急病院もチェックしておきましょう。

こんな時は救急病院へ

交通事故や毒物・異物の誤食、夜間の激しい嘔吐や下痢の症状など、ワンちゃんの生死に関わる緊急事態の時には、救急病院の受診が必要です。場所や電話番号などをあらかじめ把握しておくと、いざという時スムーズに対応できますね。

救急病院は「設備」で選ぼう

救急病院は生死にかかわる際に受診する病院なので、救急処置ができる設備やスタッフの数が揃っているかを必ずチェックしましょう。かかりつけの獣医さんにおすすめの救急病院を聞いておくのもいいですね。

相性ぴったりの動物病院を見つけよう!

人と同じで、動物病院もそれぞれ役割があることがわかりました。主治医となる一次診療病院と救急病院の二つの病院を押さえておけば、いざという時も安心ですね。

大切なワンちゃんが健康で過ごすために、動物病院とのつきあいは欠かせません。きちんと主治医の獣医さんとコミュニケーションをとり、何でも気軽に相談できる良い関係を築いておくことが大事です。きっと何かあった時に力になってくれることでしょう!

出典/「いぬのきもち」2017年5月号『 獣医さんとの「いい関係」の築き方』
文/AzusaS
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事をもっと見る