1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 飼い方
  4. 犬も冷えや乾燥の対策ってしたほうがいい?獣医師に聞きました!

犬と暮らす

UP DATE

犬も冷えや乾燥の対策ってしたほうがいい?獣医師に聞きました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬は比較的寒さに強いといわれる生き物ですが、それでも冬になると体調を崩しやすくなります。冷えや乾燥は犬にとっても健康の大敵なので、しっかりとした対策が必要。今回は犬の冷え・乾燥対策について、いぬのきもち獣医師相談室の岡本りさ先生にお話を伺いました。

犬にも冷え対策は必要?

毛布にくるまるこむぎちゃん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
――犬は寒さに強いといわれていますが、冬の冷え対策は必要ですか?

岡本先生:
「基本的には対策してあげたほうがよいでしょう。ただし、住んでいる地域や犬種、また年齢や体格によっても、どの程度の冷え対策が必要かは変わってきます」

乾燥対策もしたほうがいい?

加湿器の上で寝る大地くん
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
――冬場は乾燥もしやすくなりますが、犬にも保湿対策は必要なのでしょうか?

岡本先生:
「皮膚が乾燥してフケが出やすくなったり、痒みが出たりしたときは対策してあげてください」

――乾燥によってかかりやすくなる病気などがあれば教えてください。

岡本先生:
「皮膚が乾燥するほか、咳も出やすくなります」

冬場の最適な室温・湿度は?

ストーブの前にいる双子柴
いぬのきもち投稿写真ギャラリー
――犬にとって最適な室温・湿度の目安を教えてください。

岡本先生:
「冬場の室温は20℃前後がベストといわれていますが、愛犬が寒がりな場合は26℃程度までは上げても構いません。湿度は50~60%程度が理想的ですね」

住んでいる場所や犬種などにもよりますが、犬も冬場の冷え対策は必要とのことでした。また、冬は乾燥が気になる季節でもあるので、皮膚が痒くなったり咳が出たりといったトラブルも起こりやすくなります。愛犬が健やかに冬を越せるよう、しっかりと対策してあげましょう。
(監修:いぬのきもち獣医師相談室 獣医師・岡本りさ先生)
取材・文/柏田ゆき
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る