1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 愛犬がいつも体をかいてる?その症状「食物アレルギー」が原因かも!

愛犬がいつも体をかいてる?その症状「食物アレルギー」が原因かも!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の食物アレルギーって?

しゅん ビション・フリーゼ
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

あなたの愛犬は、しょっちゅう顔や体をかいたりしていませんか?一見「皮膚病かな?」と思いがちですが、実は意外なところに原因があることも。犬のフードに含まれる食品が合わない場合、「皮膚疾患」となって表れることがあります。それが犬の「食物アレルギー」です。

アレルギーとは、体内に侵入した細菌やウイルスを撃退する免疫機能が、攻撃しなくてよい物質を異物と見誤って攻撃してしまうことを言います。また、異物と判断される物質を「アレルゲン」と呼びます。

アレルゲンとなる食物の多くは「たんぱく質」で、犬の場合は肉や乳製品といった動物性たんぱくのほか、小麦などに含まれるたんぱく質も原因となります。食物アレルギーになると、一年中かゆがって体をかくようになり、特に口やお尻、足先や腹、耳などに症状が出やすくなります。

食物アレルギーの診断と治療

ゆずまる チワワ
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

食物アレルギーが疑われる場合、まずはアレルゲンと思われる食品を除外し、症状が治まるかどうかを観察します。しかし、ほとんどのペットフードは動物性・植物性たんぱくを含んでいるため、これらを一切与えないというわけにはいきません。

そこで、体がアレルゲンと認識できないほどたんぱく質を加水分解したものや、これまで食べたことのない、たんぱく質を含む食材を用いた療法食を用意します。このとき注意するのは、療法食以外の食物を与えないようにすることです。もしこの期間に症状が治まっていけば、それまでのフードが原因だと判断できます。

さらに詳しく調べる場合、フードに含まれる食品のうち、どれがアレルゲンとなっているかを特定します。しかしそれをテストなどで判定することは難しく、疑われる食品を一つひとつ試し、症状の有無を観察していく方法が採られます。アレルゲンが特定できれば、その食品を排除することで食物アレルギーは治療できます。

食物アレルギー以外の皮膚疾患

ミルク チワワ
まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

食物アレルギーとよく似た皮膚疾患として、花粉やハウスダスト、ダニなどが引き起こす「アトピー性皮膚炎」があります。空気清浄機やこまめな掃除で、原因物質を減らすことを心がけましょう。また炎症をともなう皮膚疾患としてはノミアレルギーや、細菌や寄生虫による感染症などもあります。このほか、皮膚のバリア機能の低下や、栄養バランスの乱れなども皮膚疾患の原因となります。

皮膚疾患にはさまざまな原因がありますが、もしかするといつも与えているフードに原因が隠れているかもしれません。ワンちゃんの健康な体づくりのためにも、ときにはフードの成分を見直してみるのもよいでしょう。

参考/「いぬのきもち」『愛犬の栄養学事典』
   いぬのきもち WEB MAGAZINE「獣医師が答えるQ&A」(https://pet.benesse.ne.jp/dog/sogojoho/qa/)
文/chiroko
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る