1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【獣医師が解説】犬の涙やけを止めるには?犬種やフードについても

【獣医師が解説】犬の涙やけを止めるには?犬種やフードについても

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

涙やけを起こして目の周りが変色してしまうと、せっかくのかわいい愛犬の顔が台無しになってしまいますよね。今回は、犬の涙やけの原因や予防法、自宅や動物病院で行う治療・予防法に加え、なりやすい犬種、フードの見直し方ご紹介します。

犬の涙やけとは?

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

涙やけはなぜ起こる?

犬の涙やけは「流涙症(りゅうるいしょう)」や「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」、逆さまつ毛、目と鼻をつなぐ鼻涙管の閉塞などが原因で、目から涙があふれてしまうことによって起こります。これら目の病気のなかでも特に多いのが流涙症で、本来涙腺から涙管を通り鼻へと排出される涙が、何らかの原因によって大量にあふれ出してしまいます。

涙が出ること自体はごく自然な現象ですが、それが過剰分泌になると目頭の毛に付着し、バクテリアを繁殖させてしまいます。また涙のなかのタンパク質が酸化して変色を起こすことで、涙やけが発生することもあります。

涙やけの症状とは?

目頭の下が赤茶色に変色するのが、涙やけの最大の特徴です。またその部分に炎症が起こることで、皮膚炎を患うケースやかゆみを伴うケースもあります。

犬の涙やけが起こる主な原因5つ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

1)目にゴミや毛が入ってしまった

毛やまつ毛が目に入ってしまうことで涙が止まらなくなり、涙やけを引き起こすパターンがあります。これは長毛種の犬や逆さまつ毛の犬に多く見られる現象で、異物を取り除いてあげることで症状が緩和しやすくなります。しかし、急激に涙の量が増えてしまったときには、目に傷がついていないかを確認し、迅速に獣医師の診察を受けることも大切です。

2)器官のトラブル

子犬時代から継続して涙が多く出る犬の場合は、先天性の「鼻涙管(びるいかん)」トラブルが考えられます。犬にも人と同様に鼻涙管と呼ばれる、目と鼻をつなぐ管があります。この器官が詰まることで涙が鼻から抜けず外にあふれ出し、涙やけを起こしてしまうのです。

3)犬の体質的な問題

春先などある一定の季節にのみ涙が大量に出てしまったり、目元だけでなく全身の毛が変色したり、発疹等が見られたりするときは、アレルギー症状を引き起こしている可能性が高いです。花粉症や食べ物アレルギーが疑われる際は、早めに動物病院を受診することをおすすめします。

4)体内の水分不足

愛犬が濃い黄色のおしっこをするようなら、水分が足りていない可能性があります。体内の水分が不足すると老廃物がおしっこではなく、汗や涙として排出されるようになります。涙が過剰に出てくる理由には、水分不足も含まれるのです。

5)ドックフードやおやつが体質的に合っていない?

普段愛犬に食べさせているフードやおやつが原因で、涙やけが発生するという説もあります。フード自体の品質が悪かったり、保存状態が悪く酸化したフードを食べたり、原料や添加物に対してアレルギー反応が出たりすることが考えられます。

添加物や体質にそぐわないたんぱく質は、涙管等に悪影響を及ぼす可能性もありますので、獣医師に相談しましょう。

涙やけしやすい犬種

目が大きい犬や鼻が短い短頭種と呼ばれる犬は、涙やけを起こしやすいといわれています。プードルやチワワ、ポメラニアンやシーズー、パピヨン、マルチーズ、パグ、ブルドッグなどが挙げられます。

犬の涙やけの治療法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

外部の刺激によって涙やけが発生しているときは

ゴミや毛、逆さまつ毛などの異物によって涙やけの症状が出ている際は、それらをしっかりと取り除くことが何よりも重要です。愛犬の体に異常が起こっていないかを確かめるためにも、涙やけが気になったら一度動物病院を受診するのがよいでしょう。

病院では花粉などによるアレルギーが疑われるときは、定期的な点眼や点眼薬の処方を行います。逆さまつ毛によってまつ毛が目に入りやすくなっているときは、その場で抜いてくれることも。

目の病気によって涙やけが発生しているときは

さまざまな目の疾患によって涙やけの症状がみられる場合は、各病気の原因に合わせた治療を行っていきます。なかでも多いのは抗生剤や消炎剤、保護剤の処方です。また鼻涙管のトラブルによって症状が出ている際は、麻酔を伴う処置を行うこともあります。

涙やけを取り除く方法

比較的症状が軽く自宅で涙やけを取り除く場合は、ぬるま湯で湿らせたティッシュやガーゼで優しく拭うのがよいでしょう。涙やけが見られない状態でも、毛が長時間湿っているとそこから雑菌などが繁殖しやすくなりますので、乾いたティッシュなどでこまめにふき取ってあげてください。

このとき目に指やティッシュが入ってしまうと眼球を傷つける恐れがあるので、お手入れの際は十分注意しましょう。また涙やけを取り除くのは、あくまでも「一時的な対処法」でしかないことを、忘れないようにしてください。

犬の涙やけの予防法

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

涙やけによって変色してしまった被毛は、カットするしかありません。そうならないためにも、日頃からしっかりと予防をするのが大切。ここでは3つの予防法を紹介します。

ストレスを減らす環境づくりの徹底

運動量が不足すると新陳代謝が悪くなり、体内に老廃物がたまって涙やけを引き起こしやすくなります。散歩などの適度な運動によって愛犬のストレスを緩和し、涙やけを発症しにくい体質をつくってあげることが大切です。

生活環境の改善

花粉やハウスダストによって起こる涙やけを予防するためには、定期的な掃除や空気の循環が効果的です。

食事を見直す

おやつやフードに含まれるたんぱく質の量や種類をコントロールすることで、涙やけを引き起こしにくくなるケースもあります。低アレルゲンのフードに変えてあげることで症状が改善されることもあるため、涙やけが気になるときは愛犬の健康状態をチェックしながら、食事を見直してみるのも一つの手です。

症状がひどいときは迷わず動物病院へ

まいにちのいぬ・ねこのきもちアプリ

症状の違いや原因、犬の体質によって涙やけの対策法や治療法は異なります。ただの涙やけだと思っていたら実は大きな疾患が隠れていたということがないよう、症状が気になるときは早めに動物病院を受診するようにしてください。病気の早期発見・早期治療が、大切な愛犬の体や目元の可愛さを救うのです。

犬が泣くのはどうして?涙やけ?犬の涙の原因と想定される病気とは

出典元/『いぬのきもち』2015年11月号「犬の病気別なりやすい年齢ランキング」(監修:野矢雅彦先生)
監修/いぬのきもち相談室獣医師
文/子狸ぼん
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る