1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 【年齢換算早見表あり】犬の年齢について解説~人に例えると何歳?

【年齢換算早見表あり】犬の年齢について解説~人に例えると何歳?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬の年齢を人間に換算すると、どのくらいの年齢になるのでしょうか?今回は、犬と人の年齢の関係をはじめ、世代ごとに気を付けるポイントや寿命など、犬の年齢に関することを獣医師監修のもとで解説します!

人の一歳は犬にとって何才?人間年齢換算早見表

人は1年ごとに1歳年をとりますが、犬はそれよりもずっと早く年を取ります。まずは、人間年齢と犬の年齢を比較してみましょう。

犬は大型犬と中型・小型犬で成長スピードが異なる

犬は1才を過ぎると、小〜中型犬と大型犬で成長のスピードが異なります。以下で年齢換算表を紹介します。

【1才以前の人間年齢換算早見表】
犬の年齢人の年齢
2か月2〜3才
3か月4〜5才
4か月6〜8才
5か月9〜10才
6〜8か月11〜13才
9か月14〜16才

【1才以降の人間年齢換算早見表】
小〜中型犬の場合大型犬の場合
犬の年齢人の年齢犬の年齢人の年齢
1才17歳1才12歳
2才24歳2才19歳
3才28歳3才26歳
4才32歳4才33歳
5才36歳5才40歳
6才40歳6才47歳
7才44歳7才54歳
8才48歳8才61歳
9才52歳9才68歳
10才56歳10才75歳
11才60歳11才82歳
12才64歳12才89歳
13才68歳13才96歳
14才72歳14才103歳
15才76歳15才110歳

犬の年齢計算式

この早見表にある年齢はどのようにして計算されているでしょうか?犬の1才以降の人間年齢を算出する方法は、以下の通りです。

【小〜中型犬の場合】
小~中型犬の1才は、人が高校を卒業する17歳~18歳くらいに相当すると言われています。そして1才以降になると成長のスピードは少しずつ落ちていき、以下のような計算式で人間年齢を算出できます。

・計算式:(犬の年齢+4)×4=人間年齢
(例)10才の小型犬の場合…(10+4)×4=56歳

【大型犬の場合】
大型犬の場合は1才になると、人が小学校を卒業する12歳くらいに相当すると考えられています。1才以降は小~中型犬と同様に成長スピードに変化が出てくるため、以下のような計算式で人間年齢を算出します。

・計算式:12+(犬の年齢‐1)×7=人間年齢
(例)10才の大型犬の場合…・12+(10−1)×7=75歳

1才の段階では、小~中型犬の方が人間年齢が上だったのにもかかわらず、4才を過ぎると大型犬の方が人間年齢が高くなる傾向にあることがわかりましたね。一般的に「大型犬は小型犬より寿命が短い」と言われていますが、それはこのように成長スピードが異なることに理由があるようです。

年齢別の適した育て方とは?

犬がどのように年齢を重ねていくのかがわかったら、幸せな生活を送ってもらうためにも年齢に合ったライフプランを立てていきましょう。愛犬とのこれからの生活をイメージしながら、ライフプランを見直してみてください。

【ライフプランの一例】

犬は子犬、成犬、シニア犬とライフステージが進んでいくことでしつけや飼い方、お世話のポイントが変わっていきます。以下で例を解説します。

ライフステージライフプラン例
子犬期前半
(2~4ヵ月)
・迎えたその日からハウスとトイレのしつけをスタート
・3回目のワクチン接種2週間後から本格的なお散歩デビュー
・4ヵ月までに人や犬に慣れさせる社会化しつけを開始
子犬期後半
(5~8ヵ月)
・基本的なしつけを教える
・愛犬の子犬を望まないなら避妊・去勢手術について考えてみる
成犬期前半
(9ヵ月~3才)
・散歩と遊びで毎日体力を発散させ、外の刺激に触れさせる
・子犬期に教えた基本的なしつけを生活の中に取り入れる
成犬期後半
(4~6才)
・お出かけなどを通じてコミュニケーション不足をカバー
・特定の犬種がかかりやすい病気の症状が出始める時期なので注意深く観察
シニア期前半
(7~10才)
・老化が進む時期、毎年の健康診断は必ず受診する
・体力を使わずに楽しめる遊びを取り入れ始める
シニア期後半
(11才~)
・高齢犬でも自分で出来ることはやらせて日々を楽しむ
・ストレッチやマッサージで体をケアしてあげる

ライフステージ別しつけやお世話の仕方

ライフプランの一例でもわかるように、ライフステージ別にしつけやお世話の方法は異なります。ではここで、しつけ・お世話のポイントについて具体的に見ていきましょう!

ライフステージお世話・しつけのポイント
子犬期前半
(2~4ヵ月)
4ヵ月を過ぎると警戒心が強くなり、人や他の犬に慣れさせるのに苦労することも。トイレやハウスのしつけに加え、お散歩などを通して社会化のしつけも行いましょう!
子犬期後半
(5~8ヵ月)
まだいろいろなしつけを柔軟に受け入れられる時期。「オスワリ」「マッテ」など、基本的なしつけはこの時期にクリアにしておくと◎病気のリスクを考えるなら、避妊・去勢手術はこの時期に行うのがベターです。
成犬期前半
(9ヵ月~3才)
まだまだ落ち着きがなく体力が有り余っているので、散歩や遊びで体力を発散させることで、問題行動の解消につながることも。子犬期に覚えたしつけも日常生活で取り入れてみましょう。
成犬期後半
(4~6才)
落ち着きが見られるこの時期は、自然とコミュニケーションが減りがち。お出かけなどを通して、積極的にコミュニケーションを取るように心がけましょう!
シニア期前半
(7~10才)
シニア期に入ると病気にかかりやすくなります。見た目は元気でも、徐々に老化が進んでいることを理解し、定期健診を年に1~2回は受診するようにしましょう。体力が落ちてきているなら、体力を使わない遊びを取り入れてみて。
シニア期後半
(11才~)
人に例えると60歳以上の高齢期です。高齢だからとなんでも手を貸さずに、出来ることはやらせて、愛犬の気持ちを尊重してあげましょう。

犬の年齢に合った最適な食事量を知るためにはどうすればいい?

犬の年齢の重ね方やライフステージについて知ったうえで、次に意識したいのが「食事」です。
自分で食事内容をコントロールできない犬にとって、飼い主さんが年齢に合った最適な食事を与えるのは、重要事項の一つです。愛犬に最適な食事を与えるためにも、以下の2つのポイント抑えておきましょう!

① ライフステージ別の1日に必要なエネルギーを参考に食事量や種類を選んで

グラフを見てもわかるように、成長期真っただ中の子犬と成長の止まった成犬では、体重あたりの必要なエネルギー量が大きく異なります。また避妊・去勢手術をした犬や高齢の犬も、それまでより必要なエネルギー量が減るので、食事量には注意しましょう。

そしてライフステージによって適切な栄養バランスも変わります。愛犬の健康のためには、フードのパッケージの記載事項を参考に、ライフステージに合った総合栄養食を選ぶように心がけましょう!

② 体重の変化など犬の成長に柔軟に対応して食事量や栄養バランスのコントロールを!

ライフステージに合わせたフードを与えるうえで、フードの切り替えのタイミングも重要になります。上のグラフを見ると、生まれたばかりの子犬は、毎日体重が変わるほどのスピードで成長することがわかります。この時期に栄養状態が悪いと、虚弱体質な犬に成長する可能性があるので注意しましょう。

成長期には、子犬の小さな胃や腸で効率的に消化・吸収でき、充分な栄養の取れる食事を与える必要があります。成犬体重の80%くらいに成長するまでは、「子犬用」と表示されている総合栄養食のフードを与えるようにしてください。

先ほども述べましたが、成長スピードは体の大きさで異なります。そのため、小~中型犬の場合は1才よりも前に、一方で大型犬の場合は1才を過ぎたころを目安に、「成犬用」のフードに切り替えるようにしましょう!

犬の年齢別!“あるある”なお困りごと&対処法

犬は成長につれて食事内容や量が変化するだけではなく、飼い主さんが抱える「お困りごと」も変わってきます。ここでは、子犬期~シニア期にみられる“あるある”なお困りごとをランキング形式で5位までご紹介します!

子犬期成犬期前半成犬期後半シニア期
1位トイレ以外での排泄チャイムや来客に吠えるチャイムや来客に吠える頑固・さみしがり屋になった
2位食フンするイタズラをする他の犬と遊ばなくなった食フンする
3位人の体を噛むリードを引っ張るすれ違いざまに吠えるお手入れを嫌がる
4位物を噛むゴハンを食べない屋外でしか排泄しないトイレ以外で排泄する
5位イタズラをする食フンする物音に吠える怒りっぽくなった

ご自身の愛犬のお困りごとはランクインしていましたか?つづいては、ランクインしたお困りごとの対処法についてみていきましょう!

「愛犬がトイレ以外で排泄する」ときの対処法

まずは排泄時間をメモして、愛犬がだいたい何時間起きに排泄するのかを確認しましょう。トレーニング中は、食事・散歩・遊びの時間以外はクレートで過ごさせます。そして排泄時間になったら、おやつなどで誘導しながらトイレに行かせます。そこで排泄しなければ、またクレートに戻して30分後に再度チャレンジしてください。排泄がうまくできたらおやつなどを与えて「排泄すればおやつが貰える」と愛犬に覚えさせるのがポイント◎

https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=13674

「他の犬と遊ばなくなった」ときの対処法

これは、犬も人と同じように、いろいろな犬と遊んできた子犬期から成長し、気の合う仲間と過ごしたくなったのが原因でしょう。飼い主さんは「どうして遊ばなくなったの?」と不安になるかもしれませんが、落ち着きが出てきた成犬期後半の犬の場合は、心配ないことがほとんどです。

https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=13661

「チャイムや来客に吠える」ときの対処法

成犬期前半の場合は強い「警戒心」による行動ですが、成犬期後半になっても直らない場合は、チャイム=来客という考えが染みついてしまい、「吠えたら追い払える」と思っているのが原因の可能性があります。

この場合、音量を下げられるタイプのものであれば、チャイムの音量を下げるだけでも有効な場合があります。また、チャイム音を変えてみるのも一つの手です。愛犬も今までの音と違う音を聞き、反応しなくなるかもしれませんよ!

https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=13699

「愛犬が頑固・さみしがり屋になった」時の対処法

これは高齢になり体力が落ち、感覚や認知能力も衰えたことで、さまざまなことが不安になっているためだと言われています。そんな不安な気持ちから飼い主さんのそばを離れなくなった場合には、マッサージなどのスキンシップを積極的に行うのがおすすめです。

また、「飼い主がいなくなるのでは」という不安を払拭してあげるのも大切。「マテ→すぐ戻る」を繰り返し、少しずつ戻ってくる時間を延ばしてみてください。そうすることで飼い主さんは「必ず戻ってくる」と安心させてあげましょう!

https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=13700

犬たちは、飼い主さんを困らせたくて問題行動を起こしているわけではありません。年齢特有のものに加えて本能的な部分もあるので、よく理解した上で対処してあげることが大切ですよ。

7才を過ぎたら高齢期(シニア期)に。飼い主さんが知っておくべきこととは?

子犬期や成犬期、どの時期も犬にとって大切な時期であることに変わりはありませんが、病気にかかりやすくなるシニア期のお世話には特に注意が必要です。犬の体と気持ちに変化が現れ、徐々に老化し始めるのは、7才頃から言われています。7才から犬がどう老いていくかを知っておけば、加齢に伴って起こる愛犬の変化に早めに対応できますよ。

犬の体に現れる主な老化のサイン

■7才から現れる主な犬の変化

【からだの変化】

  • 口臭が強くなる
  • 皮膚が乾燥する
  • 白髪が増える
  • 毛がよく抜ける
  • 太りやすくなる

【行動の変化】

  • 散歩のとき前へ引っ張らなくなる
  • 新しいおもちゃに興味を示さなくなる
  • 散歩中の動きや普段の動作などがゆったりする/落ち着きがみられる

■9才から現れる主な犬の変化

【からだの変化】

  • 目の輝きが鈍くなってくる
  • 筋肉が減って痩せてくる
  • 爪が伸びやすくなる

【行動の変化】

  • 散歩の途中で休みたがる/帰りたがる
  • 新しく会う人や犬とあまり交流しない(好奇心が薄れる)
  • 階段を躊躇する/段差でつまずく

■12才から現れる主な犬の変化

【からだの変化】

  • 歯周病が進んで歯が抜ける
  • 消化吸収機能や内臓機能の働きが低下し、かなり痩せてくる
  • 名前を呼んでも気が付かない(耳や目の機能が衰える)
  • 鼻が白くなる

【行動の変化】

  • 寝てばかりいる
  • それまで食べていたものが急に食べられなくなる
  • 歩行が困難になる
  • 内心は飼い主さんの帰宅を喜んでいてもお出迎えしなくなる
  • 痴呆の症状が現れる(13才~15才にかけて増える傾向に)

上記した中には、病気のサインが隠れている可能性も。もしこのようなサインが現れたら、一度かかりつけの獣医師に相談してみるのがおすすめです!

愛犬に長生きしてもらうために、今から見直す5つのポイント

7才を目途に生活習慣を見直すことで、愛犬の健康長寿に役立つこともあります。

① 食事:愛犬が食べやすい食事に変えましょう。
② ふれあい:触れ合う時間を増やすことで、愛犬の異変に早く気が付くことができます。
③ 散歩:散歩中の急変にも対応できる散歩コースに変え、持参品も見直しましょう。
④ 住まい:足腰が弱っても怪我をしない環境をつくり、より愛犬の安全に配慮して。
⑤ 定期健診:年1回の定期健診から年2回に増やすことで病気の早期発見につながることも。

少しずつでいいので、ぜひ実践してみてくださいね。

「散歩」と「毎年の予防接種」が犬の長生きの秘訣!?

「愛犬には長生きしてほしい!」これは多くの飼い主さんが思うはずです。東京農工大学大学院の調査によると、15才以上で亡くなった犬と5~10才でなくなった犬の違いを比較すると、“散歩の頻度”に大きな差があることがわかりました。

また、予防接種を毎年実施している、室内飼育である、同居動物がいる、といった項目も長寿の犬に多く見られました。愛犬の長生きを願うなら、毎日の散歩と毎年の予防接種は必須事項と言えるでしょう。

犬の年齢に関する雑学もご紹介◎犬の長生きギネス記録知っている?

犬の長生き最高記録って何才だろう?と気なったことはありませんか?ギネスブックに記録されている情報によると、犬の最高齢は『29才5カ月』なのだそうです。この最高記録を持つ犬は、「Bluey」という名前の、オーストラリアの牧畜犬で、1939年に達成されたとのことです。犬の寿命は、小型犬~大型犬を平均すると14.85才と言われているので、20才をこえるのは、非常にまれなことですね。

https://dog.benesse.ne.jp/withdog/content/?id=12023

出来るだけ長生きしてもらうためのまとめ

犬を飼うと決めた瞬間、犬が人よりも寿命が短いことは覚悟しているはずです。一方で「できるだけ愛犬に長生きしてほしい」という願いも持っているでしょう。もしそう願うのなら、今一度愛犬の健康長寿のために何ができるか、生活習慣などを見直してみましょう。

やんちゃ盛りの子犬や、年をとって寝る時間が増えたシニア犬。どんなライフステージに立っている愛犬とも、毎日を一緒に楽しく過ごせますように。そのためには、愛犬の小さな変化にも気づいてあげるのが大切です。

監修/滝田雄磨(SHIBUYAフレンズ動物病院 院長)

滝田先生

文/hasebe
※犬の年齢と人の年齢との換算方法については様々な説があります。ここでは監修者の見解を記事にしております。
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る