1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 「こじらせワンコ」の実態 ○○下手だと当てはまる可能性が…?

「こじらせワンコ」の実態 ○○下手だと当てはまる可能性が…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
遊ぶポメラニアン
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人の世界では「こじらせ女子」という言葉を耳にすることがありますよね。「どうせ私なんか……」と自信がなかったり、人にツンツンした態度をとってしまったり。

では、犬の世界でも「こじらせる」ことはあるのでしょうか? 今回は、「こじらせワンコ」の実態について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に聞いてみました!

犬も「こじらせる」ことはある!?

クッションでくつろぐビーグル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーー「こじらせ女子」という言葉があるように、犬の場合もこじらせてしまうことがあるのでしょうか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「犬は人間のように複雑な思考回路はありません。そのため、人間の『こじらせ女子の定義』とは少々異なりますが、こじらせていると感じる犬の特徴に『人からの愛情を素直に受け取れないコ』は、たしかにいますね」

ーー犬もこじらせちゃうコがいるんですね!

獣医師:
「決して愛情がほしくないわけでも、かまってほしくないわけでもないですし、孤独が好きなわけでもありません。

ですが、飼い主さんから抱きしめられたり声をかけられても、遠い目をしたりそっけない反応をしたり、ときには怒ることもあります」

ーーつまり、「甘えるのが下手」ということなのでしょうか?

獣医師:
「たまに自分のタイミングで甘えてみることはあります。でも、飼い主さんが甘えてほしいタイミングとうまく合わず(いわゆる『空気が読めない』)、ここぞとばかりに見つめるなど、飼い主さんをキュンキュンさせるようなかわいい甘え方が上手にできません。

『犬はシッポをブンブン振って、飼い主さんの顔をペロペロなめて喜びを表現するもの』とは限らず、自分の気持ちを素直に出すことが苦手なコもいるのです」

犬がこじらせてしまう原因は?

眠る柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーーこじらせてしまう場合、どんなことが大きく影響しているのでしょうか?

獣医師:
「犬は基本的に前向きで明るいコが多い印象ですが、なかには神経質、内向的、明るくない性質を持っているコがいます。

たとえば保護犬では、人に対し信頼感を失う背景を持ち、心を閉ざし気味になっているコもいます。

このように、もともとの性格や環境、過去の経験やトラウマなど複雑な要因が絡んでいるように感じます」

ーー犬の場合、自分でそうなりたくてなっているわけではないのですね……。

「こじらせワンコ」は改善できる?

箱に入るパグ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

ーーもし愛犬が「こじらせワンコ」だった場合、どんなことで改善が見込めるでしょうか?

獣医師:
「無理に改善させることは難しいですね。愛犬の個性ととらえ、飼い主さんは焦らずおおらかでいることが大切です。

『そのままのあなたでいいんだよ』と、愛犬に無償の愛を与え続けてあげればいいのです。時間はかかっても飼い主さんの愛情は伝わりますし、愛情をいらないと思うコはいません。愛情は必要なものです。

甘え下手でうまく愛情を返す方法のわからない愛犬も、飼い主さんからの愛情表現を学んで、少しずつ表現できるようになる日がくるでしょう。

飼い主さんも、愛犬の小さな変化にきっと気づくはず。そのときは、深まった絆がお互いの喜びになると思います」

イタズラしちゃうチワワ
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

人がこじらせるのとはまた少し違うけれど、どこか難しさを抱えている「こじらせワンコ」たち。

自分の気持ちを素直に表現することが苦手なコもいるみたいなので、飼い主さんはまずそれに気づいてあげたいですね。

そして、愛情をいっぱい注いであげてください!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/雨宮カイ

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る