1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 話題の「スーパーフード」、実は愛犬にはNGだった!

話題の「スーパーフード」、実は愛犬にはNGだった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは「スーパーフード(健康食材)」と聞いて何を思い浮かべますか?
栄養価が高かったり、殺菌効果やデトックス効果が期待できたりと、さまざまな健康食材がありますよね。
人には効果があるとされている健康食材はたくさんありますが、同じようにわんちゃんにも効果はあるのでしょうか?
今回は、いわゆる“スーパーフード”と呼ばれるような健康食材を、わんちゃんに与えてもOKなのかNGなのか、クイズ形式でご紹介!
正解を○×△で発表するので、答えを考えながら読んでみてくださいね☆

Q1.“ビーポーレン”はわんちゃん向きの食材?

“ビーポーレン”ってみなさんご存知ですか?
ミツバチの集めた花粉でできた食べ物なのですが、数多くの栄養素を含んでいるとされています。
人では健康を考えてスイーツやスムージーに使用されるなど、注目を集めている食材です。
“ビーポーレン”は、わんちゃん向きの食材といえるでしょうか?


正解は ×。

“ビーポーレン”は、栄養価が高く、マルチビタミンのようにさまざまな栄養素を含んでいますが、わんちゃんがアレルギー症状を引き起こす可能性も。
安全とは言い切れないので、わんちゃんには与えない方がいい食材です。

Q2.“キャロブパウダー”は、わんちゃんに好ましい食材?

“キャロブパウダー”は、マメ科の植物であるイナゴマメを乾燥させ、粉末状にした食材です。
聞きなれない方もいらっしゃるかもしれませんが、原産地の人々の間では、
コーヒーやココアの代用品として親しまれるなど、意外と身近な食材。
“キャロブパウダー”は、わんちゃんに与えても大丈夫でしょうか?


正解は ○。

“キャロブパウダー”は、チョコレートのような風味が味わえる食材。
わんちゃんにとって、コーヒー・ココア・チョコレートのようなカフェインを含んだ食材はとってもキケンですが、“キャロブパウダー”にはカフェインが含まれていません。
カルシウムや鉄が豊富なので、むしろわんちゃんには好ましい食材といえるでしょう。

Q3.わんちゃんに“タイガーナッツ”を与えちゃダメ?

“タイガーナッツ”は、ショクヨウガヤツリという植物の塊茎(養分を蓄えて肥大したもの)。
ナッツという名前ですが、木の実よりもジャガイモなどの地下茎に近い食材です。
ニューヨークなど海外で注目されている“タイガーナッツ”は、ビタミンEやオレイン酸、食物繊維を多く含んでいます。
グルテンフリーのため、小麦粉の代わりとして使うなど、人にとっては健康食材として身近になりつつあります。
この“タイガーナッツ”、わんちゃんに与えてもよいでしょうか?


正解は △。

わんちゃんは食物繊維を消化するのが苦手なため、“タイガーナッツ”をたくさん与えてしまうと下痢を引き起こす可能性が。
どうしても与えたい場合は、すりつぶして1/2粒与えて様子を見ましょう。

みなさんは何問正解できましたか?
話題の健康食材でも、なじみのあるものからちょっと変わったものまでさまざま。
効果が期待できるからといって、わんちゃんに与えたことのない食材を無理に与える必要はありません。
わんちゃんが体調不良にならないよう、参考程度に知っておきましょう。

参考/「いぬのきもち」2017年2月号『イマドキ健康食材』、2017年3月号『ふだん使いの健康食材』(監修:髙﨑一哉先生)
文/UTAにゃん
※安全の基準や量の目安は、ASPCA(アメリカ動物虐待防止協会)などの最新の中毒報告を加味して制作しているため、「いぬのきもち」過去号の類似企画や、別冊の小冊子掲載の情報と異なる場合があります。
※掲載している情報は、2018年10月現在の情報です。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る