1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 意外な人気犬種も! 抜け毛が多い犬・少ない犬は?

意外な人気犬種も! 抜け毛が多い犬・少ない犬は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

犬を室内飼いするときに飼い主さんが気になることのひとつが、「抜け毛」問題。実際に飼ってみて、「こんなに毛が抜けるの!?」と驚いてしまう人も少なくありません。

そこで今回、抜け毛が多い傾向にある犬の種類について、いぬのきもち獣医師相談室の先生に解説してもらいました!

これから犬を飼いたいと思っている人も、ぜひ参考にしてみてください。

2種類の毛を持つ犬は、毛が大量に抜ける時期が!

眠る犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

犬の毛にも犬種・個体差はありますが、人と同じように「毛周期(毛の発育から脱毛の周期)」があります。

そして、犬の毛は皮膚を保護する「オーバーコート(上毛)」と体温調節をする「アンダーコート(下毛)」に分けられます。

オーバーコートとアンダーコートの2種類の毛を持つ犬は、春と秋の年2回に「換毛期」というアンダーコートが大量に抜け変わる時期があります。

アンダーコートは、夏と冬の温度差に応じて抜け変わります。ちなみに、オーバーコートも季節とは関係ありませんが、毛としては生え変わります。

つまり、犬の毛は健康でも抜けるものなのです(病的な脱毛を除く)。

換毛期がある犬種は?

眠る柴犬
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

そこで、「抜け毛が多い時期(換毛期)がある犬種」という意味では……

  • 柴犬

  • ゴールデン・レトリーバー

  • ポメラニアン

  • コーギー

  • シェパード


などがこれにあたるでしょう。

換毛期がない犬種は?

見つめるヨークシャー・テリア
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

一方で、抜け毛が少ない、つまりオーバーコートのみの「換毛期がない犬種」は……

  • プードル

  • マルチーズ

  • シー・ズー

  • ヨークシャー・テリア

  • パピヨン


などがあげられるでしょう。

抜け毛が多い犬のお手入れはどうしたらいい?

シャンプーするトイ・プードル
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

換毛期の犬は、基本的にブラッシングが重要です。アンダーコートがある犬種では、オーバーコートのみをブラッシングするのではなく、アンダーコートまでブラッシングするようにしましょう。

ただし、アンダーコートまで届かせようと力強くブラッシングすると、犬の皮膚を傷つけてしまう恐れがあるので注意してください。

オーバーコートのみの犬種であっても毛は抜けますので、ブラッシングはどの犬においても必要です。

また、定期的なシャンプーもしたほうがよいでしょう。

気になる「抜け毛とニオイ問題」

見つめるウェルシュ・コーギー・ペンブローク
いぬのきもち投稿写真ギャラリー

抜け毛が少ない犬種は、多い犬種に比べると雑菌の繁殖が少ないために体臭も少ないとはいわれますが、ニオイのしない犬はいません。

個体差があったり、体臭だけではなく口臭や耳、肛門嚢や排泄物などのニオイなどもあるので、日々のお手入れとケアによって臭いを予防していくのがよいでしょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

犬と暮らす

更新

関連するキーワード 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る