1. トップ
  2. 犬と暮らす
  3. 犬の留守番のストレスと不安は、留守番前後の飼い主さんの態度で抑えられる

犬と暮らす

UP DATE

犬の留守番のストレスと不安は、留守番前後の飼い主さんの態度で抑えられる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

留守番時のストレスを減らす、ハウスと遊び方

何かと気がかりの多い愛犬の留守番。ひとりぼっちにさせられてストレスを感じているのでは?と心配している飼い主さんも多いことでしょう。
確かに愛犬だけの留守番は、何も工夫をしないとストレスを感じさせてしまい、留守番嫌いにさせてしまう可能性もあります。
そこで今回は、留守番中、愛犬にストレスを感じさせないための意外なコツをご紹介します。

留守中に犬がいられる範囲を限定する

じつは犬は、広すぎる場所にいると落ち着かずに不安になってしまうことがあります。
留守番時も同様で、部屋のなかで自由に留守番させすぎるとかえってストレスになることが。
ストレスを抱くと、その気持ちを落ち着かせようと、壁や家具を噛むなどのイタズラをしてしまうこともあるようです。

そこで、愛犬に長めの留守番をさせるときは、上の写真のように、出入り自由な寝床(クレート)が併設された広めのサークルを用意しましょう。
ほどよく限られた空間なので、ストレスを感じにくく、イタズラも防げます。
また周囲が囲われていて中が薄暗い寝床があるおかげで、安心して休息をとることができます。

留守番後は、飼い主さんから遊びに誘う

大好きな飼い主さんが外出から帰ってくると、愛犬はかまってもらいたい気持ちでいっぱいになり、吠えたり飛びついたり噛んだりします。
でもそこで、毎回「ダメ!」「あとで!」「ひとりで遊んでいて!」と断っていると愛犬はストレスに。
留守番させられることに嫌な印象がつきかねません。
そこで留守番のあとは、愛犬に誘われるよりも前に、ときどきは飼い主さんのほうから遊びに誘うようにしましょう。

引っ張りっこ遊びは、飼い主さんは疲れにくい半面、愛犬は全身を使って遊べるのでおすすめです。
飼い主さんから誘って遊ぶということが愛犬に伝わりやすいよう、いったんオスワリなどさせてから遊びをスタートさせるといいですよ!

そもそも、吠えたり飛びついたりなどで、愛犬に「遊んで!」と要求されてからかまっていたのでは、犬は「吠えれば/飛びつけば遊んでくれる」と間違えて覚えてしまいます。
飼い主さん主導で遊ぶようにすれば、それらの問題行動の予防にもなるというわけです。

留守番“前”も、飼い主さん主導で遊ぼう

留守番“前”も同様で、飼い主さんから遊びに誘い、愛犬を満足させてから留守番させるようにすれば、留守番中に退屈を感じにくくなってストレス予防に効果的。
ほどよい疲労感からぐっすり眠って留守番できます。

なお、留守番前でも後でも、遊ぶ代わりに飼い主さんから誘って散歩へ出かけるのもおすすめの方法です。

いかがでしたか?
忙しくて愛犬と向き合う時間をなかなか取りにくいという方も多いかもしれませんが、せめて留守番前と後は、愛犬に余計なストレスを感じさせないためにも、遊びや散歩で満たしてあげられるといいですね。

参考/初めて飼い主さんの「いぬのきもち」2017年10号『噛みグセ直し集中講座」(SKYWAN! DOG SCHOOL代表 井原 亮先生)
文/h.taco

CATEGORY   犬と暮らす

UP DATE

関連するキーワード一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気テーマ

あわせて読みたい!
「犬と暮らす」の新着記事

新着記事をもっと見る